【企業訪問記】誰もが気軽に相談できる弁護士を目指して

弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所 市原支店       支店長 石垣 祐一氏(市原支部)

 「生まれ育った市原に法律事務所をつくりたいという思いがずっとありました」と語る石垣氏が所属する弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所は東京に本部があり、北は北海道、南は沖縄まで全国に約30もの支店を開設しています。同氏は本部で1年間の勤務弁護士の経験を経て、市原支店の開設と同時に支店長に就任しました。

 地元に事務所を作りたいと考えるようになった経緯を伺うと、「もともと法律事務所は裁判所の近くに建てられることが多く、市原市には法律事務所がありませんでした。市民の方々が弁護士に相談や依頼をするには千葉市まで行かなければなりませんでした。この現状を知り、市民の方々がもっと気軽に相談できる場を作りたいと思うようになりました」と語っていました。

 石垣氏は交通事故、遺産相続といった我々にとっても身近な相談を始め、企業からの債権回収の依頼や事業承継相談も受けています。受け持っている分野は多岐に渡っており、また依頼者の年齢層も幅広いそうです。相談に応じる際は裁判や交渉に直接関係のない内容を依頼者がお話ししても必ず最後まで聴くスタンスを取っており、そこには依頼者の不安を少しでも軽くしてあげたいという思いがあります。また今日騒がれている、士業がAIに取って代わられるのではないかという件についても、膨大な情報の管理・処理はAIの方が優れていることは確かですが、AIが機械的に結論を出すのと、依頼者の心に寄り添って時間をかけながら話し合いを進めていくことでは、たとえ結論が同じだったとしても、後者の方が解決後の納得感が高いと思いますと話されました。

 技術革新が進んでいる中であっても依頼者の不安や悩みに寄り添うリーガルサービスを貫く石垣 祐一弁護士の今後の活躍に期待です。

(事務局 松本)

◆会社概要…所在地:市原市五井中央東2-3-1 ガーデンパレス辰巳203号室 従業員数:事務員3名(うちパート・アルバイト1名) 事業内容:訴訟代理、法律事務一般