自社の得意分野を絞り込み、近代的経営で業界トップをめざす

(株)ぱっとホーム 代表取締役 青木正光 氏(八千代支部)

 八千代支部長を経て、千葉同友会副代表理事として活躍されている青木氏を訪問しました。同氏は、1996年、米国製掃除機の販売を行っていた会社の仲間3人と“売りっぱなしの仕事ではなく、お客様と永いお付き合いができる仕事をしたい”とハウスクリーニングの会社を設立。どんな仕事も断らない、スピーディーに動く、きちんと挨拶をする、約束を守るといった基本的なことを実践するように心がけ、顧客の信頼を着実に獲得してきました。

 同社は、不動産業者やビルメンテナンス会社から仕事を請負い、外注する営業会社でしたが、2001年より、仕事をもらうだけの受け身の下請け体質から脱皮し、元請けとして価格決定権を持てる企業にしたいとの思いから、エンドユーザーである持ち家を対象としたリフォームや内装工事の分野に進出。現在の仕事はリフォーム工事・内装工事が中心で、昨年、中古物件を買い上げてリフォーム工事を施して販売する不動産業のグループ会社を設立しました。

 青木氏のポリシーは、「自社の得意分野を生かすことによって深い仕事ができる」であり、リフォーム工事の技術を極めることにこだわっています。

 10年程前から社内の慎重論を押し切って新卒採用に踏み切りました。しっかりとした組織運営ができる企業にするには、未経験の新卒者が不可欠と考えたからです。人件費増や新店舗の展開に伴い一時期資金繰りが窮屈になるとか、歩合給から固定給への切り替えへの抵抗などから既存社員が辞めるといったこともありましたが、それを何とか乗り切ってきました。

 同社の新卒求人の取り組み方は、なるべく多くの求職者に会社説明会に来てもらうためのきめ細かな対策を行い、最終的に自社の理念・価値観に合う人に絞り込むことです。また、中途採用も行っていますが、ユニークなのは未経験者を採用していること。その方が、自社の企業文化、価値観が共有しやすいからです。

 自立型企業をめざす同社は、原則として銀行借り入れに依存せず自己資金をもとに事業を展開し、また血縁でない社員が後継者を担う予定など、近代的な経営を強く志向、同社の「クレド」(信条)として、「私たちはリフォームを通じて 関わり合うすべての人の 幸せに貢献することを 最も大切な使命と心得ます」を掲げ、「ビジョン」として、リフォーム工事分野での顧客満足度でトップ、100年続く会社をめざすことなどを謳っており、これからの中小企業のモデルケースになることが期待されます。

(専務理事 川西)

◆会社概要…所在地:所在地:八千代市村上957-1 資本金:1,000万円 従業員数:30名(うちパート4名)  事業内容:増改築・リフォーム