「西日本豪雨災害」支援金のお願い

千葉県中小企業家同友会
会員のみなさま

日頃会員の皆さまにはお世話になっております。
西日本豪雨災害におかれましては、連日報道されている被災の現況を見るにつけ心が痛みます。

現在、各同友会で直接被害の状況を集約しつつありますが、本日現在で直接
被害は広島65社、岡山50社、愛媛22社などとなっていますが、状況が明らか
になるにつれ、被害企業数は増えています。

中小企業家同友会全国協議会(中同協)では本災害の対策本部を立ち上げて情報を集めるとともに、
近日中に対策本部ニュースの発行をする予定です。
また、本部長の中山英敬・中同協幹事長から被災地へお見舞いのメッセージ、
また、自ら被災された山辺・岡山同友会代表理事からも全国の皆さんへ向けた
メッセージをいただきましたので、併せてご紹介します。

これを受けて千葉でも支援金を集めたく、皆様にご協力をお願い申し上げます。
集めた支援金は中同協を通して被災現地の同友会へ提供するほか、その一部を中同協が預かり
長期的な復興支援のための調査研究活動・集会等の開催・人的支援等に活用する場合があります。

              
                            代表理事 宮澤正則
                            代表理事 岡村大作
                            代表理事 能登昭博

【支援金のお願い】

・緊急事態ですので、東日本大震災等の震災時に使用してきた「震災義援金口座」
 を通して、支援金を集めることにいたします。ご了解ください。

・7月13日正午以降に振り込まれた金額については、すべて「西日本豪雨被害」の支援金として
 扱わせていただきます。

・例会等での募金活動については、各支部でご検討・ご判断ください。

・支援金は、被災現地の同友会へ提供するほか、その一部を中同協が預かり長期的な復興支援のための
 調査研究活動・集会等の開催・人的支援等に活用する場合があります。

【口座名】
    振込先   千葉銀行 中央支店
    口座番号 (普通) 4177141
    口座名   千葉県中小企業家同友会 震災義援金 
      (チバケンチュウショウキギョウカドウユウカイ シンサイギエンキン)
   *専用口座ですので、会費等の振り込みはご遠慮下さい。

ーーーーーーーーーーー以下、メッセージーーーーーーーーーーーーーーーーー

==============================
岡山も絶対に乗り切って参ります
岡山県中小企業家同友会 代表理事 山辺啓三
==============================

全国の同友会の皆様

先日来の大雨で各地に災害が発生しています。被災された方々に心より深くお見
舞いを申し上げます。
岡山の被災企業にも全国の皆様からたくさんの応援の声を頂戴していることに対
し、自らも被災した会員の一人として衷心より御礼申し上げます。

弊社の場合は、近くを流れる川が氾濫し、ご近所では屋根まで浸水する被害も出
ました。弊社は1メートルほどの浸水でしたが、食品を扱っているため、製品の
品質維持と安心安全に万全を期し、衛生面の危険を徹底的に回避するため、知人
や学生ボランティアの皆さんのご協力もいただきながらスタッフ一同懸命に復旧
作業を進めています。
毎日のように励ましのお言葉もかけていただき、中小企業がたくさんの地域の皆
さんやお客様、お取引先、仲間に支えられていることをあらためて痛感している
ところです。

今まで各地で懸命に立ち上がってこられた皆さまのご経験や教訓からも学ばせて
頂きながら、岡山も絶対に乗り切って参ります。温かく見守って頂ければ幸いで
す。

                     岡山県中小企業家同友会 代表理事
                     有限会社まるみ麹本店 代表取締役
                               山辺啓三拝

=============================================
  この窮地を共に力を合わせ乗り越えていきましょう
  ~西日本豪雨災害対策本部長のメッセージ~
==============================================
                      中小企業家同友会全国協議会
                      西日本豪雨災害対策本部長
                             中山 英敬

西日本豪雨で被災された皆さまへ

この度の西日本での豪雨は、今までに経験したことのない記録的な集中豪雨で、
被災地も短時間で広範囲となりました。毎日の報道での映像や日を追うごとに増
える犠牲者数を目にするたびに心が痛み、被災地域の会員の皆さんのことを思う
と、居ても立っても居られない気持ちになりました。

被災された皆さまには心からお見舞いを申し上げます。

ようやく被害の全容も見えてきましたが、予想をはるかに超えたとても悲惨な状
況となっています。さらに、雨がおさまると30度を超す猛暑が続き、復旧に汗
を流している皆さんにとって、過酷な日々が続きます。

経営者として私自身がその立場に置かれたとしたら、壊滅的な状況の中で復旧へ
向けたその重責を担えるかという不安が常にあるでしょう。
心中も身体も大変な状態だとお察しします。

しかし、同友会会員は東日本大震災をはじめ過去の大きな自然災害にも立ち向か
い、多くを失いながらも立ち上がってきました。経営指針を復興計画書にするな
どして、社員と共に事業再生に取り組んできたのです。

大きな試練も同友会の仲間で励まし合い、支え合い、乗り切っていきましょう。
辛いことを「辛い」、大変なことを「大変だ」と言い合える仲間たちがそばにい
ます。
1人で悩まないで、ぜひ同友会に集まってきてください。

中同協では、同友会を通じて皆さんを支援するために、西日本豪雨被害対策本部
を9日に設置しました。まずは被害状況の集約と支援金募集を開始しています。

私たち同友会会員一同も全国一丸となり、皆さまの地域の再興と経営の再建に対
し全力で支援していきます。ご相談事や要請事などございましたら、何なりとお
申し出ください。この窮地を共に力を合わせ乗り越えていきましょう。

被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

                            2018年7月12日
                    中同協・西日本豪雨災害対策本部
                           本部長 中山英敬