【企業訪問記】未来を見据えてピンチをチャンスに

(有)やまぶき 代表取締役 福井 秀和氏(茂原支部)

 今回はいくつもの民話を有し、四季を感じられる故郷・長生郡睦沢町でビルメンテナンス事業をされている(有)やまぶき代表の福井氏を訪ねました。同氏は学校を卒業後、飲食店勤務を経て父の経営する会社に入社。そして昨年代表に就任されました。

 「本当、一時はどうなることかと思いました」と切り出す福井氏。昨年度、管理していた物件のほとんどが契約満了となり、売上が激減。自分の給料どころではなかったため、自身が外に勤めに出て、そこで稼いだ給料を社員に給料として渡していました。何故社長なのに他人の会社で働かなくちゃいけないのかという気持ちでスタートした出向でしたが、気持ちを切り替えてなるべく多くの人と知り会うよう意識します。結果としてその出向が多くの新規受注につながり、今期は前期売上の5倍を見込むまでに。

 会社の経営危機との直面と出向期間に先代である父から代表を承継したことで、経営に受け身だった姿勢が正されたように感じます。その一つとして、それまで社員に指示を出す際、かなり厳しい口調でやっていました。しかし同友会の支部例会や全国行事に参加する中で、他の経営者の取組みを知り「社長も社員も関係ない、同じ人としてやって欲しいと思ったことはまず自分からやらなくてはだめだ」と思うようになりました。そして社員は実力がないのではなく、社長が引き出せていないだけなんだと気付くことが出来ました。  

 「今後も新規受注は増えていく見込みで、それに合わせて計画的な人材採用に取り組んでみたいと考えています。仕事内容を整理し、労働環境を整備、そうして新卒や障がい者雇用にチャレンジしてみたいと思うようになりました。これも企業組合あしたねの組田氏や(株)エヌ・アイ・エスの能登氏の話を聞いて受けた影響ですね(笑)」そう話される福井氏。学んだことを自社に取り入れる、そのサイクルが会社経営を良くしていくのだと再認識する取材となりました。

(事務局 田中)

◆会社概要…所在地:長生郡睦沢町上市場413 従業員数:18名(うちパート・アルバイト13名) 事業内容:ビルメンテナンス設備及び管理、警備、設備要員派遣、清掃