【企業訪問記】女性目線のリフォームでより良いライフスタイルの提案を

(株)ウインズホーム 取締役 岡村 恵美氏(船橋東支部)

 今回訪問させていただいたのは新京成線「北習志野駅」からほど近く、木目調の看板が目を引くリフォームと雑貨のお店ウインズホーム。店内はテーマでまとめられた北欧雑貨や壁紙のサンプルが並んでいます。この店は船橋支部会員である平山防水企画(株)が防水以外のリフォームに対応するために始めた事業とのこと。手に取りやすい雑貨などをきっかけに来店してもらい、部屋の雰囲気を気軽に変えられる壁紙などのリフォームに関心を持ってもらうというねらいで路面店を出しました。

 岡村氏はもともと百貨店のディスプレイを設計する仕事をしていましたが、シーズンが終わると全て取り払われてしまうことから、ずっと残るものに携わりたいと建築業界に入ります。そして平山氏にこの事業を立ち上げるにあたって声を掛けられ入社。それらの経験がこの店に集約されています。

 ただキッチンや照明を売るだけでは他社でもでき、店の近くには大手ホームセンターも多いため、すぐ価格競争に巻き込まれます。お客様にあったシーンを提案し、ライフスタイルを変えるくらいのリフォームをしなくてはいけません。従業員は二人とも結婚している主婦で、日頃からキッチンに立つ彼女たちだからこそ、水回りで困っているお客様に一歩踏み込んだリフォーム提案ができるそうです。他にも彼女たちが率先してSNSで情報発信してくれていて、それも来客増につながっているそうです。

 しかし、業態としても新しい試みのため、今やっていることは正しい方に向かっているのか、コンセプトからぶれていないか、いつも考えていると悩みも話されました。

 取材の終わりに今後の展望について伺いました。「当社だからこそ出来るリフォームを追求することはもちろんですが、ただのリフォーム店ではない姿を目指しています。家は不動産だから、ここに家を持つ人たちはこの地域で生活していきます。そんな人たちが気軽に立ち寄れる、交流の場所になりたいです」そう話す岡村氏から、自社の強みを深堀りして生かすこと、それが中小企業の発展につながるとあらためて学ばせていただきました。

(事務局 田中)

◆会社概要…所在地:船橋市習志野台2-13-22 上野新ビル1F資本金:200万円 従業員数:8名(うちパート・アルバイト2名)事業内容:リフォーム事業・北欧雑貨販売