【新型コロナ関連情報 No.25】家賃支援給付金の申請がスタート!最大600万円の支給が受けられます!

■家賃支援給付金ポータルサイト
https://yachin-shien.go.jp/index.html

本日7月14日より、国のコロナ支援として、家賃支援給付金の申請がスタートしました。
実際に支払った賃料を元に算定し、法人では最大600万円。
個人事業主では最大300万円の支給が受けられます。
申請はWEBからになり、分かりやすいポータルサイトも開設されています。
上記のURLからアクセスできますので、是非ご活用ください。


以下概要の抜粋
※必ずポータルサイトで詳細をご確認ください。
========================================

■給付の対象
法人は、資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者を対象とし、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人も幅広く対象とします。個人事業者は、フリーランスを含み、幅広く対象とします。

■対象要件(※一部省略)
①2019年12月31日以前から事業収入を得ており、今後も事業を継続する意思があること。
②2020年5月から2020年12月までの間で、新型コロナウイルス感染症の影響などにより、以下のいずれかにあてはまること。
 ・いずれか1か月の売上が前年の同じ月と比較して50%以上減っている
 ・連続する3か月の売上の合計が前年の同じ期間の売上の合計と比較して30%以上減っている
※売上要件は上記どちらか片方を満たせばいい
③他人の土地・建物をご自身で営む事業のために直接占有し、賃料の支払いをおこなっていること。

■給付額
申請日の直前1か月以内に支払った賃料などをもとに算定された金額が給付されます。
(法人は最大600万円、個人事業者は最大300万円)
※算定方法はポータルサイトでご確認ください。

■申請の期間
ただいま申請を受け付けています。
給付金の申請の期間は、2021年1月15日までです。
電子申請の締め切りは、2021年1月15日の24時まで。
締め切りまでに申請の受付が完了したもののみが対象となります。
※上記は、7月14日時点の予定期間となります。

■申請の手続方法
パソコンやスマートフォンで家賃支援給付金ホームページにアクセスしていただき、WEB上で申請の手続をお願いします。
また、受付開始後、補助員が入力サポートをおこなう「申請サポート会場」を順次開設していきますので、WEB上での申請が困難な場合は、「申請サポート会場」をご利用ください。
※「申請サポート会場」の設置場所などについては、随時、詳細が決まり次第公表します。

■給付要件にあてはまらないが給付の対象となる可能性のある方(例外)
売上の減少を確認するにあたって、給付要件にあてはまらない方でも、給付の対象となる可能性があります。下記のサイトでご確認ください。ただし、通常の要件にあてはまる場合の申請に比べて、申請内容の確認に時間がかかります。
https://yachin-shien.go.jp/overview/exception/index.html

※2020年1月~2020年3月の間に設立した事業者も給付の対象にする方向で検討しており、その申請要領は、準備が整い次第、公表いたします。


■相談ダイヤル
家賃支援給付金 コールセンター
電話番号 :0120-653-930
受付時間 :8:30~19:00
8月31日まで :全日対応
9月1日以降 :平日・日曜日対応(土曜日・祝日除く)
※「家賃支援給付金」を装った詐欺にご注意ください。

====================================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。