第1分科会(担当:経営指針委員会)  基本テーマ:経営指針
「経営指針がもたらす社員の働きがい」
~社長が描き社員が実践する会社づくり、人づくり~」
 

 【報告者】
 (有)ライダ ースクラブ
 取締役社長 
吉田 祐介氏
(八千代支部・経営指針委員会)

設立年 1985年
資本金 1,000万円
年 商 5億5,000万円
従業員数 13名
事業内容 国産オートバイメーカーのKawasakiと、イタリアメーカーであるDUCATIの正規ディーラー

【報告者】
 (株)雅 代表取締役 曽我部 慎吾氏

(美浜支部・経営指針委員会)

設立年 2009年
資本金 100万円
年 商 1億3,000万円
従業員数 7名(内パート・アルバイト2名)
事業内容 戸建住宅塗装・リフォーム(外壁塗装、屋根工事、内装リフォーム)、コンクリート圧送(ポンプ車1台)

 SDGsが目指す持続可能な経済成長のために、私たち経営者はまず「持続可能な企業」をつくる必要があり、そのためには「経営指針(理念、10年ビジョン、計画、方針)づくり」が欠かせません。そして経営指針をつくって終わりではなく、それを実践していく社員の働きがいをつくっていくことこそが、経営者の責任です。
 吉田社長は、トップセールスのサラリーマンを経て会社を承継。自らのやり方の押し付けによる失敗、社員との摩擦を教訓に自己改革、昨年は経営指針成文化セミナーを受講し、社員とのベクトルを合わせ取り組んでいます。
 また曽我部社長は2009年に独立創業し、下請けからの脱却と技術力の育成に力を入れてきました。昨年吉田氏と同様に経営指針をつくり、自社内で発表会も行いました。その後の取り組み、実践状況を語っていただきます。
経営指針がもたらす、持続可能な企業づくりを分科会で学び合いましょう。