『第47回千葉県経営研究集会』のご案内

開催概要&スケジュール

■日 時:11月24日(水)13:00~19:00(受付開始 12:00)
     開会・基調講演13:00/分科会15:10/全体会18:20

■会 場:①か②のどちらかをお選びいただけます。

①現地会場:東京ベイ幕張ホール
      千葉市美浜区ひび野2-3 TEL:043-296-1112 
      アパホテル&リゾート東京ベイ幕張 隣接

②WEB会場:Zoom
      ID・パスワードは申込者にお知らせいたします。
      メールにてお送りしますので、お間違えの無いようお申込みください。

■参加費:4,000円(現地参加・WEB参加共通)
     参加費は下記口座に事前にお振込み下さい
     ■■■■■■■■■■■■■■■■
     千葉銀行 稲毛支店 普通 4413187
     口座名:チバケンチュウショウキギョウカドウユウカイ イベントサンカヒ
         (千葉県中小企業家同友会 イベント参加費)
     ■■■■■■■■■■■■■■■■
    ※振込手数料はご負担願います
    ※請求書は発送されないので、お申し込み後、なるべく早くご入金お願いします。

■定員
 ①現地会場:250名(先着)
 ②WEB会場:定員なし
 ※①は先着順のため、申し込み後に参加方法又は分科会を変更していただく場合がございます。
 ※コロナの状況で開催形態が変更になる場合があります。変更になった場合はご案内いたしますのでZoomでご参加いただきますようお願いいたします。キャンセルする場合はキャンセル期限内にご連絡ください。自動的にキャンセルにはなりませんのでご了承ください。

■申込方法
 ①e.doyu(千葉同友会会員専用)またはこちらのリンク先、FAX(案内チラシの裏面)にてお申し込みください
 ②その後指定口座に参加費をご入金いただき、申込が完了します。

■申込締切
 11月10日(水)/入金締め切り11月17日(水)
 ※11月11日以降のキャンセルは参加費全額をいただきます。
 ※11月17日までに入金できない方は事務局までご連絡ください。
 ※コロナの状況で開催形態が変更になる場合があります。変更になった場合はご案内いたしますのでZoomでご参加いただきますようお願いいたします。キャンセルする場合はキャンセル期限内にご連絡ください。自動的にキャンセルにはなりませんのでご了承ください。

基調講演
「常に考える」その先にミライがある!
~変わることを恐れず「違い」をブランドにする~


【報告者】

未来工業(株)代表取締役社長 山田雅裕 氏(岐阜同友会会員)

【設立】1965年
【従業員数】 831名(単体,2021年3月20日時点)
【資本金】70億6,786万円
【事業内容】電気設備資材、給排水設備資材及びガス設備資材の製造並びに販売
【受賞歴等】2011年第1回「日本で一番大切にしたい会社」大賞受賞
      2015年第1回ホワイト企業大賞受賞、
      2016年緑化優良工場等経済産業大臣表彰受賞(熊本工場)
      2018年東京証券取引所市場第一部に上場
【未来工業(株)ホームページはこちら】

■未来工業(株) 会社概要
「日本一幸せな会社」「超ホワイト企業」というキャッチコピーで有名な同社。電設資材や管工機材を中心に製造するメーカーで、電気のスイッチボックスは国内シェア約70%を誇っている。1965年に先代が創業。残業ゼロ、ノルマなしでも利益を上げ、ユニークな取り組みの数々は多くのメディアで取り上げられている。

■講演概要
 岐阜県にある未来工業(株)は、「日本一幸せな会社」として有名な電設資材メーカーです。同社の創業者である山田昭男氏は、すでに他の大手メーカーが主導権を取っていた業界で、常識を覆し新しいことに取り組むことで会社を成長発展させてきました。使う人のニーズに応じた電気のスイッチボックスは国内シェア70%を誇り、特許庁の意匠登録件数は大手メーカーと肩を並べるなど、その開発力が高く評価されています。
 また、残業禁止、ノルマなし、全員が正社員、平均年収600万円以上といった、社員を大切にする制度が数多くありながら、経常利益が10%を下回ったことは過去2回しかないという同社。その高い生産性を可能にするのは、社是として掲げられている「常に考える」姿勢です。
 山田雅裕社長は、大学卒業後同社に入社。2008年から5年間は、子会社である千葉県夷隅郡の神保電器(株)の社長として再建・業績V字回復に貢献し、2013年より未来工業(株)の4代目社長となりました。「人も会社も放っておけばどんどん普通になる」と語る山田社長は、「『当たり前』を疑う」「他者と違うことをしなければ意味がない」という創業者が作ってきた道をさらに深化させ、新しい時代に向けて変わり続けていくことを自らに課し、経営にあたっています。
 講演を通してあらためて自社の存在意義を見つめ、未来を切り拓いていくヒントを学び、この混迷した経済情勢の中で一歩を踏み出していきましょう。

 

実行委員長あいさつ

第47回経営研究集会実行委員長 竹村 信彦 (竹村電気工事(株)代表取締役)
 SDGs、人口減少、働き方改革、IT革命、DXなど、まだ先だと思っていた新しい時代がコロナの影響で急速に目前に迫ってきました。うかうかしていられません。来たる新しい時代にいち早く一歩踏み出しましょう。コロナ禍で辛い思いを抱える人もいます。そんな時には同友会の仲間と顔を合わせて語り合いましょう。きっと救われ、勇気づけられることでしょう。そういう想いをこのスローガンに込めました。
 テーマはSDGsです。企業活動をしていれば必ず何らかのSDGsの目標に関連したことがあります。それを見つけて、理解を深め活動を深める機会としたいと思います。
 基調講演は未来工業㈱の山田社長にお願いしています。ぜひゲストもお誘いの上一人でも多くの方にご参加いただきたいとお待ちしています。


選べる8つの分科会
~各分科会SDGsの17のゴールと紐づいています!~