千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 
   
  活動報告
   
 
 
 

【新生芽育レディース(女性部会)】
埼玉同友会代表理事に学ぶ、会社経営と同友会活動は車の両輪

 12月5日、新生芽育レディース1周年特別例会が43名(うち、埼玉同友会会員11名)で賑やかに行われました。 「会社経営と同友会活動は車の両輪〜デキる社長のその秘訣を探る〜」をテーマに埼玉同友会代表理事の久賀きよ江氏(潟<Kネマーケット代表取締役)より講演頂きました。 久賀氏は、24年前に脱サラをして独立。バブル崩壊後、紆余曲折がありながらも7年間で〜

ー全文を読むー    

人と人が有機的に結びつく組織を
〜人を生かす経営全国交流会in長野

 11月20〜21日、メルパルク長野にて「人を生かす経営全国交流会」が行われました。
 本行事は共同求人・社員教育・障害者雇用・経営指針といった人に関わる問題を扱う4委員会が集結し、連携して学びあおうという行事です。千葉同友会から13名、全国の同友会から総勢466名が参加しました。
 まず中同協副会長の葛{ア本店・宮ア由至氏が「同友会の企業づくり運動はこれでいいのか!?」というテーマで〜

ー全文を読むー    

【共同求人委員会】
千葉県内学校と企業の情報交流会開催
〜学生にとって魅力的な企業とは?〜

 12月3日、求人委員会主催特別例会が東天紅千葉スカイウインドウズにて企業関係者25名、学校関係者15名で行われました。 「ビジョンに共感した学生が全国からやってくる噂のそろばん塾!?〜毎年継続して新卒採用行う理由」をテーマに、潟Cシド代表取締役の沼田紀代美氏(鎌ケ谷白井支部)が報告しました。
 沼田氏は、パート社員から社長になったという変わった経歴の〜

ー全文を読むー    

【第1回専門委員会合同研修会】
働くことの意味・なぜ、人を増やすのか
〜辞めていく理由、継続して採用・雇用する理由を考える〜

 10月24日、第1回専門委員会合同研修会が22名で行われました。
 同友会の目指す「人を生かす経営」の実現に欠かせない経営課題を研究する委員会の相互連携、委員会同士の交流を目的に開催されました。
 パネリストは、〜

ー全文を読むー    

優れた経営実践を評価
千葉県・中小企業表彰で会員企業3社が受賞

 7回目となる平成26年度「千葉のちから中小企業表彰」表彰式が11月20日(木)、千葉県庁内で執り行われ、10社が受賞し森田県知事から表彰状を渡されました。(推薦団体:千葉同友会・商工会議所連合会・商工会連合会・中小企業団体中央会)
千葉同友会の推薦による受賞企業は〜

ー全文を読むー    

進路選択前の学生に伝える!
〜中小企業で働く魅力を語る!

 11月18日(火)、千葉商科大学にて「中小企業で働くことの意義・魅力を考える〜千葉県・全国での実例を参考に〜」というテーマのもと、川西専務理事が約40名の学生を前に講義しました。全国信用組合中央協会の寄付講座として実施されており、〜

ー全文を読むー    

「頑張ってください」の声に励まされて
〜初の外形標準課税等反対・街頭署名活動を実施〜

 千葉同友会は11月15日(土)、外形標準課税等反対署名・街頭活動をJR千葉駅近くで午前10時から正午、午後1時から3時までの2部に分かれて実施しました。 当日、〜

ー全文を読むー    

「労使見解」(中小企業における労使関係の見解)を深める
経営研究集会開催!

 11月13日(木)、マリベール柏にて、「未来に誇れる今を作ろう!〜自社の維持発展のために企業の使命を取り戻すことを目指して」というテーマのもと、第40回千葉県経営研究集会が約400人の参加で開催されました。
 冒頭、松田実行委員長、山本代表理事の挨拶の後、千葉県商工労働部次長の戸部知子氏が来賓としてご挨拶していただきました。戸部次長は、県内中小企業の声を生かし、また千葉同友会も協力して最近策定された第3次中小企業元気戦略に触れ、元気戦略の前文に細矢・千葉同友会政策委員長のコメントが掲載されたことを紹介し、〜

ー全文を読むー     分科会参加者の感想

企業とNPO、市民が一体となって
〜共助社会づくり懇談

 10月31日、千葉県の県民交流文化課の主催する「共助社会づくり懇談会」が行われ、千葉同友会から細矢政策委員長がパネリストとして登壇しました。(他パネリストは千葉大学法経学部・関谷准教授、NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ・牧野代表理事、NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ・横田常務理事。コーディネーターはNPO法人コミュニティビジネスサポートセンター・永沢代表理事)
 細矢委員長は経営者の立場から、同友会の理念のひとつである〜

ー全文を読むー

よい経営環境は一社一社の声から!
〜千葉県へ政策要望を提出〜

 10月17日、千葉県庁にて千葉同友会から商工労働部へ「政策要望」を提出しました。政策要望は千葉同友会会員の皆さまから集めたアンケート回答をもとに作成しており、今年で16回目の提出となります。
 当日は千葉県より、佐藤商工労働部長、戸部次長、石渡経済政策課長、山口経済政策室長、二川経済政策室副主幹、信太経営支援課長、八田産業人材課長、田中観光企画副課長、下川雇用労働課長、高橋産業振興課長、山本産業振興副課長が参加。〜

ー全文を読むー

仲間とともに踏み出す一歩
〜新生習志野支部総会開催〜

 9月29日(月)、銀座アスター津田沼賓館にて「新生習志野支部」が行われ、習志野支部メンバーに加えて、各支部から応援に駆けつけたメンバー、総勢62名が参加しました。
 習志野支部は、1995年に設立され、習志野市を中心拠点とする経営者で活動を続けて参りましたが、2013年に活動の推進力を蓄積すべく、一旦船橋支部内の「習志野地区」に位置づけを移していました。
 今回新たなメンバーを交えて28名となり〜

ー全文を読むー

第42回青年経営者全国交流会in奈良
青年経営者で日本の未来を切りひらこう!

 9月18日〜19日に渡り、奈良にて第42回青年経営者全国交流会が開催されました。当日は全国から1315名が参加しました。(千葉同友会より15名参加)
 1日目は14の分科会に分かれ、それぞれの経営課題をテーマに、青年経営者からの経営実践報告とグループ討論で深め合いました。  グループ討論では、「先代との意思統一の難しさ、それゆえに社員が会社の方向性が分からず混乱してしまう」といった〜

ー全文を読むー

採用意欲旺盛な企業13社が船橋に集合!
〜秋の合同企業説明会開催〜

共同求人委員会

 9月16日、きららホールにて第4回合同企業説明会が開催されました。参加企業は、初参加の企業も含め13社。秋の開催ということもあり、既に採用予定人数が充足し活動を終了した企業もあります。
 恒例の2分間PRタイムでは社長自ら「我が社の事業は、国内トップシェアです」「事業拡大に伴い、皆さんの若い力やアイデアを活かしませんか」等、力説しました。参加した学生は、〜

ー全文を読むー

同友会での学びを会社内でどう生かすか?
東ブロック東地区合同例会

 去る9月18日、成田市のもりんぴあこうづにて、成田・佐倉・北総・八街の4支部で構成する東ブロック東地区の合同例会が行われ33名が参加しました。
 報告者に笹原繁司千葉同友会副会長(綜合パトロール梶E松戸支部)を迎え、「その社内会議、報告会になっていませんか?〜同友会は、こう生かす!」というテーマで報告いただきました。
 冒頭、〜

ー全文を読むー

組織経営への前進で安定した企業に 〜合同例会に60名が参加
千葉東・千葉西・四街道支部合同例会

 9月16日(火)、四街道市文化センターにて「同友会での学びが会社を復活させた!」をテーマに、四街道市内で自動車板金・塗装・一般修理を営むイマダカードック代表の今田美津男氏が登場。1990年に千葉同友会に入会後、例会や経営指針成文化セミナーでの学び、あるいは同友会の仲間によるアドバイスにより、経営危機を乗り越え、企業の発展の基盤ができたことを報告しました。
 以前は、車の改造等で〜

ー全文を読むー

お客様のために何ができるかを追求して
流山支部例会

 流山支部は、去る9月8日「流山が世界に誇るファンケルの歴史と理念に学ぶ」と題して、流山市内にある潟tァンケル美健の新旧2つの工場の見学例会を行いました。この例会は、流山商工会議所会頭を務める池森政治相談役に4月の流山支部総会に来賓出席いただいた際にお願いしたもので、当日は相談役より丁寧なご説明をいただきました。
 1980年、化粧品による〜

ー全文を読むー

社会から信頼される同友会を目指して
第6回関東甲信越ブロック支部長交流会

 第6回関東甲信越ブロック支部長交流会が9月6日(土)に大宮ソニックシティにて10同友会、中同協より合計58名(千葉6名)の参加にて開催されました。  当交流会は同友会運動が発展し、各地域における同友会への期待が大きく広がる中、人づくり、地域づくり、企業づくりの事例に学びあい、支部例会を基本とした活動の経験に学ぶ、中小企業振興条例づくりや会員増強の経験に学びあうことを目的として開催されています。〜

ー全文を読むー

芽育(めぐみ)レディース(女性部)例会
「発達の臨界期の大切さ」
〜子育てに学ぶ社員教育〜

 9月5日、船橋市勤労市民センターにてオブザーバーを含む15名で行われました。報告者は、芽育レディース部会長の河井清悦氏(鰍gAGUKUMI代表取締役)。 河井氏が保育士を志したのは19歳。同氏の姪が、保育所に預けられた際、1日中大泣きをして「うちでは、もう面倒を見られません」と断られました。私が保育士ならば、このような環境に〜

ー全文を読むー

税制問題学習会(第2回)
理解を深め広く問題を伝えていこう!

去る8月26日、署名活動の決定に先立ち、税制問題学習会の第2回が行われ21名が参加しました。 まず、条例・憲章学習推進本部会議・副本部長の杉山武氏(トーク税理士法人代表社員)から税制改革のポイントをご説明いただきました。 今回の改革案は、法人税の減税による税収減の穴埋めを、「広く薄く」徴収することで埋めていこうという考えであること。公平性・平等性を勘案した改革であると言われるが、これまでも税制には〜

ー全文を読むー

企業・地域・同友会づくりを総点検
〜組織強化全国交流会

 8月21日、アルカディア市ヶ谷(東京・市ヶ谷)にて同友会の全国組織である中同協主催による組織強化全国交流会が149名(千葉より3名)の参加者で開催されました。
 同交流会は、全国各地の増強活動の教訓を持ち寄り、各地同友会の組織強化につなげるとともに、「2019年全国会勢5万名達成」を目指して毎年開催されています。 全国5万名推進本部長を務める広浜泰久中同協幹事長(千葉同友会会長)より、5年以上連続で会員数を伸ばしている同友会の活動を取り上げながら、今後の同友会活動の方向性について〜

ー全文を読むー

褐ワ常社長と営業部長による報告         ー千葉西支部例会ー
〜会社継続の為の戦略から、更なる成長の為の戦略へ〜

 8月20日、千葉市文化センターにて千葉西支部支部長板谷保氏(褐ワ常代表取締役)と青年部でも活躍する河野佳介氏(褐ワ常取締役営業部長)両氏による報告がありました。事業内容は、建築・店舗の設計及び施工、店舗什器や看板の設計・製造・販売・レンタル、産業廃棄物の収集運搬等。 会社継続最優先のスタート 褐ワ常の成り立ちは、〜

ー全文を読むー

全ての社員が成長し続けるために!
〜ワークショップで体感!コミュニケーションの重要性〜

 8月18日ホテル銀河にて、横河電機鰍bSR部の箕輪優子氏をお招きし、「障害のある社員が成長し続けるために〜すべての社員が成長し続けるために明日から取り組むべきことは何か〜」のテーマで講演いただきました。
 横河電機鰍ヘ1992年に当時の法定雇用率1.6%を達成するために、障害者雇用プロジェクトチームを発足し、1年間で法定雇用率を達成しました。(現在は、横河電機単体だけでなく、障害者雇用率制度適用のグループ会社全体で法定雇用率をクリアしています)
 その後の法改正で〜

ー全文を読むー

創立40周年1500名を全会員の力で達成しよう!
〜全県役員研修・交流会を開催〜〜

 8月2日、2014年度第1回全県役員研修・交流会がフローラ西船で開催され、12支部より38名(事務局含む)が参加しました。 
 創立40周年を迎える今年度の役員研修会は、@同友会理念を理解し、地域のすみずみに広げることで1500名千葉同友会をつくること、A同友会の政策活動等を学び、会内外からの注目・期待に応える同友会を目指すことを目的に行われました。〜

ー全文を読むー

第16回元気戦略セミナー
中小企業憲章制定4周年記念、第6期同友会大学
〜中小企業が取り組める自然エネルギー事業〜

 7月18日、千葉市文化センターにて、元気戦略セミナーが行われました。同セミナーは、中小企業憲章の閣議決定4周年目を記念して開催されました。
 講師に早稲田大学環境総合研究センター・上級研究員の岡田久典氏を迎えて「自然エネルギー活用で進む仕事づくりと地域づくり」と題して講演いただきました。
 多くの自治体で自然エネルギーアドバイザーも務める岡田氏は「自然エネルギーの分野は、まだ発展途上であるので、〜

ー全文を読むー

中小企業家の力で未来を切り拓こう
〜中同協総会に1000名を超える参加者〜

 7月10日(木)〜11日(金)に新潟県にて中同協第46回定時総会in新潟が、「地域と日本の無限の未来を切り拓こう!〜エネルギーシフトを中小企業の手で」と題し、千葉から11名の参加、47同友会と中同協、来賓など併せて全体1006名の参加者で開催されました。
 1日目は、来賓を代表して泉田新潟県知事の講演、広浜中同協幹事長による議案提案の後、6つの分野、計17分科会に分かれて分科会が行なわれました。その後の懇親会では〜

ー全文を読むー

〜1500名推進ニュース〜
女性起業家の工夫と発想に学ぶ!

 八千代支部では、女性会員を積極的に増やしていく取組みとして、5月から女性経営者が主催する「女性起業家ランチ会」に協力しています。
 第1回目は会場である寺子屋カフェEDENの経営者・永野恵理氏に、自身の人生や起業体験を報告いただきました。第2回目は『帝国ホテルで学んだ〜

ー全文を読むー

県内初の試み、
インターンシップマッチングフェアに学生100名が集まる!

〜就業体験の橋渡しを〜

 6月27日「県インターンシップマッチングフェア」が学生約100名(就職活動を控える3年生と、自分の適性を探る1、2年生がほぼ半数ずつ)、企業20社(内9社が会員企業)の参加で県経営者会館にて開催されました。  インターンシップを希望する県内大学の学生と、地元企業が顔を合わせる機会をつくり、就職活動に繋げようとする県内初の試みです。本事業は、〜

ー全文を読むー

千葉県大学就職指導会との合同研究会開催!
〜次年度の就職・採用活動を本音で討論!〜

 6月25日、千葉県大学就職指導会(千葉県内に住所を有する28大学の就職指導担当者の任意団体)・千葉同友会共同求人委員会共催による企業見学会&合同研究会が開催されました。
 第1部は、轄O報社印刷にて企業見学及び社長・社員による報告会。同社代表取締役の吉田良一氏(千葉東支部)は、30名の就職課の先生に向けて「地元で頑張る中小企業にも、ぜひ目を向けてほしい」と熱く訴えました。
 県内大学を卒業し、現在3年目の社員は、新人時代から任せてもらえる中小企業ならではのやりがいを〜

ー全文を読むー

同友会理念が地域のネットワークと結びついて
〜県都・千葉市に3つ目の支部・千葉中央支部が誕生〜

 6月26日(木)、ホテルグリーンタワー幕張にて、千葉中央支部設立総会が開催され、近隣からの応援会員を含めて70名が参加しました。
 現在、千葉市には千葉東支部・千葉西支部がありますが、そこに3つめの支部として誕生したものです。全県では19番目の支部設立となります。
 当日、田名網四街道支部役員の進行のもと、冒頭に真仲新支部設立専門部会長(担当理事)が設立経過を報告し、また山本代表理事・熊谷俊人千葉市長より新支部へ熱い期待が語られました。
 その後、設立総会では、議長に有賀千葉西支部役員が選ばれ、設立準備委員会を代表して荒巻順氏が方針を提案しました。

ー全文を読むー    ―駒澤大学吉田敬一教授による記念講演へ―

貸しやすい会社・貸しにくい会社
〜野田支部・地域金融機関4支店長によるシンポジウム開催〜

 野田支部では、5月13日(火)、地元支部会員の税理士・細谷智之氏がコーディネータを務め、野田市内の地元金融機関、千葉銀行・京葉銀行・千葉興業銀行・東京ベイ信用金庫の4人の支店長によるシンポジウムを行い、地域金融機関と中小企業の関係について深めました。
 全体として金融機関から共通に出された主な意見は次のような点でした。

1.金融機関から見て貸しやすい会社とは?
 @経営者が数字に関心を持っており、〜

ー全文を読むー

千葉同友会設立から40年、大きな飛躍の1年にしよう!
〜第40回定時総会開催〜

 5月16日(金)、ホテルグリーンタワー幕張にて千葉同友会第40回定時総会が約150名の出席者で開催されました。
 冒頭、鬼澤宏明実行委員長、笹原繁司副会長の主催者挨拶の後、小泉一成成田市長、佐藤忠信県商工労働部長、今井克己千葉市経済部長より来賓挨拶をいただきました。
 その後、地引克夫氏(市原支部)渡辺雅基氏(市川浦安支部)、千葉博志氏(手賀沼支部)の3議長による進行のもと、2013年度活動報告(細矢孝副代表理事)、決算報告(佐藤信嗣総務部会長)、監査報告(山本沖監事)、2014年度活動方針提案(山本克己代表理事)規約改正提案(山本代表理事・佐藤総務部会長)、予算案提案(佐藤総務部会長)を行った後、2014年度議案を採択し、2014年度理事・監事が選出されました。

ー全文を読むー

2014年度支部総会特集
支部方針を力に、魅力ある支部づくりを進めよう!

 千葉県中小企業家同友会、全18支部の2014年度総会特集です。

ー全文を読むー

より良い経営環境づくりへ
三政党との懇談会を開催

 千葉同友会では、より良い経営環境づくりのため、千葉県に対する政策要望をもとに各政党との懇談会を行っています。この間、公明党(既報)に続き、社会民主党、日本共産党、民主党との懇談を行いました。懇談の内容をご紹介します。(開催順 社会民主党・日本共産党・民主党)〜

ー全文を読むー

〈2014年度新入社員研修〉
新社会人として新たな一歩を踏み出す!

 2014年度新入社員研修(共育委員会設営)が、4月2日(水)〜3日(木)、千葉市文化センターで行われ、23社51名の新入社員が参加しました。
 第1講は、「社会人としての出発にあたって」と題して、拒謌黹Rンサルティング・オブ・ビジネス社長の丸山博氏より、働くことの意味や企業の存在意義などについて、わかりやすくお話いただきました。
 続いての第2講は、〜

ー全文を読むー

市原・かずさ支部合同例会
「ガリガリ君の遊び心に学ぶ」

 3月24日(月)、五井グランドホテルにて市原・かずさ支部・山武・長生支部(仮称)設立準備合同オープン例会が開催されました。
  現在、コーンポタージュ味・クリームシチュー味・ナポリタン味で話題のガリガリ君をロングセラーとする赤城乳業梶E常務取締役開発本部長の井上創太氏をお招きし「ガリガリ君のマーケティング戦略〜実録!素人がはじめたガリガリ君コミュニケーション活動」をご講演いただきました。
 1981年発売から19年をかけて1億本突破、その後〜

ー全文を読むー

エネルギー問題学習会
地域内循環型社会で、新たな仕事と雇用を生み出す

 東日本大震災を契機に再生可能エネルギーへの関心が高まっています。同友会の全国組織である中小企業家同友会全国協議会(中同協)では、昨年10月にエネルギー先進国であるドイツ・オーストリア視察を行いました。
 視察をうけ、4月3日に中同協主催、千葉・東京・埼玉・神奈川同友会共催で、エネルギー問題学習会が100名を超える参加者で開催され、「エネルギーシフトで日本は変わる〜中小企業の仕事づくりと豊かな地域づくりへ」と題して、昨年10月のドイツ・オーストリア視察で現地ガイドを務められたドイツ在住の環境ジャーナリスト、村上敦氏に報告いただきました。〜

ー全文を読むー

〜千葉県経済の活性化につなげたい〜
 千葉銀行との懇談を行う

 去る1月28日、千葉銀行との懇談会が同行本店で行われ、千葉銀行法人営業部成長ビジネスサポート室より7名、同友会より8名が出席しました。
 冒頭、昨年の金融円滑化法終了後の影響について伺うと、齊藤室長は「大きな影響は出ていません。ただ、最近は円安の影響が輸入企業の業績面に表れ始めています」と話されました。
 その後、千葉銀行の成長ビジネスサポート室の取り組みについて、〜

ー全文を読むー

佐倉・北総・八街支部合同例会
〜信念ある店づくりを〜

 2月21日、佐倉、北総、八街3支部の合同例会がウィシュトンホテルユーカリ(佐倉市)で50名の参加者で盛大に開催されました。3支部は、2012年のほぼ同時期に設立された新支部ということもあり交流も兼ねて行われました。
 記念講演には、(株)京北スーパー相談役の石戸孝行氏(東葛支部)を迎え、演題「売れるものを売らない我慢、売れないものを売る信念〜店はお客様の夢を実現する場〜」に沿って〜

ー全文を読むー

共同求人委員会・第1回合同企業説明会
〜経営者・採用担当者手作りの説明会で22社が学生に熱くPR!〜

 去る3月6日(木)、京葉銀行文化プラザにて2014年度第1回合同企業説明会が開催されました。
 参加企業は、前年度より6社増の22社。新卒採用に初めて挑戦する企業を新たに迎え、約100名の大学生、短大生、専門学生の参加で賑やかに行われました。
 昨年度の合同企業説明会に参加した学生、企業の声や要望を生かし、新たな企画を盛り込んだ〜

ー全文を読むー

第1回関東甲信越青年経営者フォーラム開催!
〜「志ありて友ありて未来あり」高き志ある仲間たちと未来を語ろう〜

 3月8日(土)、上野オーラムにて、関東甲信越1都9県の青年経営者の絆を深め、学び合い、未来を語り合うことを目的とした第1回関東甲信越青年経営者フォーラムが講師にGcomホールディングス且謦役会長・平石勝之氏(福岡同友会)を迎え120名を超える参加者で開催されました。当日参加された方の感想をご紹介します。〜

ー全文を読むー

東日本大震災から3年、岩手で復興シンポジウム開催
〜エネルギーシフトと仕事づくり、地域づくり〜

 3月5日、岩手県盛岡市にて「東日本大震災復興シンポジウム〜エネルギーシフトと仕事づくり、地域づくり」が開催されました。
本行事は@3・11東日本大震災を風化させず全国で復興を支援するA被災地の現状を共有し、中小企業や同友会が果たしている役割を教訓化するB持続可能な社会の発展のためのエネルギー問題と中小企業の活性化について〜

ー全文を読むー

全政党との懇談はじまる
〜公明党との懇談会を開催〜

 千葉同友会では、よりよい経営環境づくりのために、すべての政党に懇談の申し入れを行っています。その第1弾として、2月10日、公明党の千葉県本部と懇談を行いました。  公明党からは、千葉県本部の代表であり衆議院経済産業委員長を務める富田茂之議員(千葉同友会会員)、千葉県議会の赤間正明議員、秋林貴史議員、阿部俊昭議員、石川信一議員、塚定良治議員、藤井弘之議員、横山秀明議員、が参加。千葉同友会からは、〜

ー全文を読むー

【例会クローズアップ・八千代支部1月例会】
東日本大震災を経験して
〜会社のこと、経営のこと、家族のこと。そして知られていない福島の現在〜
挙c崎自動車整備工場 取締役 田崎礼子氏(福島同友会会員)

 私は福島同友会の白河地区の会員です。白河市は平成の大合併で1市3村が一緒になり、現在総人口が6万3千人、そのうち私の住んでいる地区は人口6千人ほどです。東日本大震災の際に、避難指示や居住制限には含まれませんでしたが、福島第一原発から直線距離で65キロです。
 田崎自動車は1964年に父、母、職人ひとりで自動車の整備工場としてスタートしました。1974年には法人化。私は短大を卒業し〜

ー全文を読むー

役員として同友会で何を学び、どう生かすのか?
〜全県役員研修を開催〜

 1月18日、ホテルメイプルイン幕張にて、県理事、支部役員を対象にした全県役員研修を行い、64名が出席しました。  岡村副代表理事、諏訪寿一共同求人委員長より役員として学んだこと、川西洋史事務局長より全国の先進事例を報告いただき、その後に役割別(支部長、幹事長、例会担当役員)のグループで「自社の経営を良くするために、同友会で何を学ぶか?また、役員として何をなすべきか?」をテーマに討論を行い学び合いました。 〜

ー全文を読むー

「人を生かす経営」の推進に向けて
〜中同協4委員会合同研修・委員会を開催〜

 去る1月29〜30日、中同協4委員会(経営労働・社員教育・共同求人・障害者問題)合同研修・委員会が、『人を生かす経営』の推進に向けて国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)にて開催され、全国から162名(千葉から5名)が参加しました。
 これまで中同協4委員会は、人を生かす経営推進協議会として交流を深めてきました。今回、4委員会合同の〜

ー全文を読むー

第44回中小企業問題全国研究集会in広島
仕事をつくり夢の持てる平和な地域をつくる

 2月13日と14日の2日間に渡り、中小企業問題全国研究集会が広島にて1100名を超える参加者で開催されました。(千葉から13名参加) 1日目は、「情勢」、「国際化と業種別戦略」、「人を生かす経営の実践と仕事づくり」、「経営環境の改善」のカテゴリーに分けられた18の分科会に分かれて、各々の経営課題について深め合いました。 2日目は全体会が行われ、冒頭、〜

ー全文を読むー

鎌ケ谷白井支部設立20周年記念式典開催
〜「ネットワークの力でたくましい、会社づくり・人づくり・街づくり」を進める〜

 2月5日(水)、鎌ケ谷市総合福祉保健センターにて鎌ケ谷白井支部設立20周年記念式典が、来賓として清水聖士鎌ケ谷市長、伊澤史夫白井市長にもご出席いただき総勢80名の参加にて開催されました。
鎌ケ谷白井支部は、支部スローガン「ネットワークの力でたくましい、会社づくり・人づくり・街づくり」を掲げ、1994年2月26日(土)に県内9番目の支部として52名の会員で設立しました。
 第1部の記念講演では、「若者と一緒に未来を築こう!〜

ー全文を読むー

新生芽育レディース(女性部会) 埼玉同友会代表理事に学ぶ、会社経営と同友会活動は車の両輪
人と人が有機的に結びつく組織を 〜人を生かす経営全国交流会in長野
共同求人委員会
千葉県内学校と企業の情報交流会開催 〜学生にとって魅力的な企業とは?〜
第1回専門委員会合同研修会
働くことの意味・なぜ、人を増やすのか
千葉県・中小企業表彰で
会員企業3社が受賞
進路選択前の学生に伝える!
〜中小企業で働く魅力を語る!
初の外形標準課税等反対・街頭署名活動を実施
「労使見解」(中小企業における労使関係の見解)を深める経営研究集会開催!
企業とNPO、市民が一体となって 〜共助社会づくり懇談会〜
よい経営環境は一社一社の声から!
〜千葉県へ政策要望を提出〜
仲間とともに踏み出す一歩
〜新生習志野支部総会開催〜
第42回青年経営者全国交流会in奈良 青年経営者で日本の未来を切りひらこう!
採用意欲旺盛な企業13社が船橋に集合!
〜秋の合同企業説明会開催〜
同友会での学びを会社内でどう生かすか? 東ブロック東地区合同例会
組織経営への前進で安定した企業に 〜合同例会に60名が参加〜  千葉東・千葉西・四街道支部合同例会
お客様のために何ができるかを追求して 流山支部例会
社会から信頼される同友会を目指して 第6回関東甲信越ブロック支部長交流会
芽育(めぐみ)レディース(女性部)例会 「発達の臨界期の大切さ」〜子育てに学ぶ社員教育〜
税制問題学習会(第2回) 理解を深め広く問題を伝えていこう!
企業・地域・同友会づくりを総点検  〜組織強化全国交流会
〜会社継続の為の戦略から、
更なる成長の為の戦略へ〜
千葉西支部例会
全ての社員が成長し続けるために! ワークショップで体感!コミュニケーションの重要性
かずさ支部例会
創立40周年1500名を全会員の力で達成しよう!
全県役員研修・交流会を開催
第16回元気戦略セミナー
中小企業憲章制定4周年記念
〜中小企業が取り組める自然エネルギー事業〜
中小企業家の力で未来を切り拓こう   〜中同協総会に1000名を超える参加者〜
1500名推進ニュース  女性起業家の工夫と発想に学ぶ!
インターンシップマッチングフェアに学生100名が集まる!
〜就業体験の橋渡しを〜
千葉県大学就職指導会との合同研究会開催! 〜次年度の就職・採用活動を本音で討論!〜
同友会理念が地域のネットワークと結びついて
〜県都・千葉市に3つ目の支部・千葉中央支部が誕生〜
貸しやすい会社・貸しにくい会社
〜野田支部・地域金融機関4支店長によるシンポジウム開催〜
2千葉同友会設立から40年、大きな飛躍の1年にしよう!
〜第40回定時総会開催〜
2014年度支部総会特集
支部方針を力に、魅力ある支部づくりを進めよう!
より良い経営環境づくりへ
三政党との懇談会を開催
2014年度新入社員研修
新社会人として新たな一歩を踏み出す!
市原・かずさ支部合同例会
「ガリガリ君の遊び心に学ぶ」
エネルギー問題学習会
地域内循環型社会で、新たな仕事と雇用を生み出す
千葉県経済の活性化につなげたい〜
千葉銀行との懇談を行う
佐倉・北総・八街支部合同例会
〜信念ある店づくりを〜
共同求人委員会
・第1回合同企業説明会
第1回関東甲信越
青年経営者フォーラム開催!
東日本大震災から3年、
岩手で復興シンポジウム開催
全政党との懇談はじまる
〜公明党との懇談会を開催〜
東日本大震災を経験して
〜会社のこと、経営のこと、家族のこと。そして知られていない福島の現在〜
全県役員研修を開催
中同協4委員会合同研修・委員会を開催
第44回中小企業問題全国研究集会in広島
鎌ケ谷白井支部設立20周年記念式典開催
活動実績トップへ
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2012年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動
 
千葉県中小企業家同友会事務局
  〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2千葉中央駅前ビル7F
TEL 043-222-1031 FAX 043-222-8207
E-mail jimukyoku@chiba.doyu.jp