千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 
   
  活動報告
   
 
 
 

千葉県中小企業振興条例を活用し、地域の未来を切り拓こう
 
 千葉県中小企業振興条例が制定されて早5 年が過ぎ、いよいよその真価が問われる時期となっています。
 2 0 1 2 年1 1 月1 3 日、宮崎県同友会主催の中小企業振興条例の学習会に千葉県商工労働部経済政策課政策室の高橋輝子氏、 千葉県中小企業家同友会政策委員長の細矢孝氏( 鰍b M S 社長) が招かれ、千葉県中小企業振興条例の特徴と制定経緯、 また経営者にとっての振興条例の意義等について報告しました。
 当日は、宮崎県内5 市3 町の行政職員、議員・他団体等36 名を含む62 名が参加しました。その報告要旨を掲載します。

 

ー全文を読むー

千葉県・中小企業表彰で会員企業3社が受賞
 〜先進的な取り組みから学びを〜         

 

 12月10日(月)、「千葉のちから中小企業表彰」式が千葉県庁内で執り行われ、千葉同友会の推薦により、潟sーターパン(代表取締役:横手和彦氏)【市川浦安支部】、綜合パトロール梶i代表取締役:笹原繁司氏)【松戸支部】、泣Zオサイクル(代表取締役:瀬尾正忠氏)【船橋支部】の3社が受賞し、森田知事より表彰状を授与されました。
 また、同時に開かれた「従業員表彰」では、会員企業の叶逞t測器【千葉東支部】の佐久間愼一氏、兜x井【松戸支部】の大川博氏が他の団体からの推薦により受賞しました。
 中小企業表彰は、〜
ー全文を読むー

第38回千葉県経営研究集会
今こそ、中小企業家が立ち上がるとき!

 〜過去最高に迫る参加者で盛大に開催〜         

 

 今年で38回目を数える千葉県経営研究集会が、11月27日に京葉銀行文化プラザ(千葉市)を会場に、誇りを持て、今こそ中小企業家が立ち上がる時だ!〜若者に夢を!千葉に力を!未来に希望を!」をスローガンに約450名の参加者と学生、大学関係者、行政関係者などの100名近い招待者を迎えて開催されました。 
 ここ最近では、もっとも多い参加者で盛大に幕を開けました。
 今回の研究集会は、大きく二つの試みが〜
ー全文を読むー

 経営指針成文化セミナー19期を終えて
                           〜展望を切り開くために
                             

 

 今年6月に受講生9名を迎え始まった経営指針成文化セミナー第19期が、11月に行われた第7講を最後に全日程が終了しました。
同友会では、「経営理念」と「経営方針(ビジョン)」と「経営計画」の三つを総称して「経営指針」としています。経営理念には、自社の固有の役割、また社員や地域や取引先に対しての経営者の基本的考え方が盛り込まれていることが重要です。特に〜
ー全文を読むー

 仕事について、夢について学生と語り合おう!
          ―八千代支部・青年部・東京成徳大学共催ミニ例会―
                             

 

 去る11月15日、東京成徳大学八千代キャンパスにて、八千代支部と青年部と東京成徳大学共催によるミニ例会が行われました。
 この企画は、昨年の11月に同大学学食内で行われた同様の例会に続く第2弾で、「平成24年度マイキャリア講座『マイ☆キャリ』第22回中小企業の社長からビジネスの話を聞いてみよう」、「仕事について、夢について学生と語り合おう!」の2つのテーマを掲げての開催です。 当例会が開催されるに至った経緯は、〜
ー全文を読むー

 大田先生を囲む共育懇談会20周年特別企画に43名参加
                              ―共育委員会―
                             

 

 去る11月3日、柏市のさわやかちば県民プラザにて、大田堯先生を囲む共育懇談会20周年特別企画が43名の参加で開催されました。
 共育懇談会とは、経営者と社員が共に育ち合う同友会の『共育』理念の学問的支柱として長年親交のある教育学者・大田堯先生(東京大学名誉教授)と千葉同友会会員が、〜
ー全文を読むー

 中小企業振興を軸とした新たな産業振興戦略を!
                        〜千葉同友会が千葉県に提言
                             

 

 千葉同友会では、10月30日(火)千葉県に13回目となる2012年度政策要望を提出し、県商工労働部と懇談を行いました。
 今年度の要望の最大の特徴は、千葉県の産業的特徴(地域エリアごとも含めて)を明らかにし、長期を見据えた中小企業振興を軸とした産業振興戦略の再構築を呼びかけ、地域内でおカネが回る循環型地域を創出することによって 〜
ー全文を読むー

 自社の価値を問い直す   〜究極のマーケティング戦略
                            ―市原支部10月例会―
                             

 

 10月22日、市原市民会館にて、市原支部10月例会が行われました。 市原支部では今年度3つのテーマ担当に分かれて例会企画を行っています。今月はマーケティングということで「自社の役割を明確に〜経営指針とマーケティング」をテーマに潟Gヌ・アイ・エスの能登昭博氏に報告いただきました。
 白井市に新聞販売店を構える潟Gヌ・アイ・エスは、〜
ー全文を読むー

 野田支部有志による宮城・南三陸町の復興ボランティアへ16名が参加                             

 

 10月21日(日)、野田支部16名で宮城県南三陸町へ復興ボランティアに行ってまいりました。当初、活性化委員会では一泊旅行とも検討しましたが、どうせなら社会貢献ができる災害復興支援ボランティアにしようと話し合いがもたれ、実行しました。せっかく行くのなら〜
ー全文を読むー

 福島の被災会員、現況を語る
                   〜太陽ハウス梶u地域貢献大学」にて
                             

 

 福島県南相馬市で事業を営む福島同友会会員の竃k洋舎クリーニング社長、高橋美加子氏が、太陽ハウス骸松戸支部会員・岩橋成行会長]のお客様感謝祭と同時に開かれた地域の顧客・住民に向けた「地域貢献大学」の講師として登壇。震災・原発の被害の現況と今後の課題について〜
ー全文を読むー

 はじまりは「もったいない」から
                            ―北総支部10月例会―
                             

 

 今年5月に印西市と周辺地域を対象として立ち上がった北総新支部。設立後5回目の支部例会が、10月9日に開催されました。
 「経営指針をつくり、見えたわが社の売り!〜地域社会からあてにされる企業づくりを」と題して、鎌ヶ谷観光バス汲フ徳永昌子氏が報告されました。
 同社は、鎌ヶ谷市で主に旅行バスの貸しきり運送業を行っています。徳永氏は、2005年に同友会の経営指針成文化セミナーを受講し〜
ー全文を読むー

 企業・地域の次代度担う!高い志を持ち、共に学び活動しよう!
                       ―千葉同友会 青年部設立―
                             

 

 2012年9月14日 千葉県中小企業家同友会 青年部が設立されました。
ー全文を読むー

 たまごが先か?お客様が先か?
 〜現場の声から見えた!自社商品の揺るぎないブランド
                             

 

 許k川鶏園は昭和43年から続く養鶏場で、社長である北川貴基氏は三代目として会社を引き継ぎました。
大晦日に訪れた最大のピンチ
 北川氏が会社に入った頃、同社の供給先は古くからの得意先数件のみでした。ところがある年の大晦日、売り上げの半分を占めていた顧客を失います。価格競争に巻き込まれた結果の出来事でした。 窮地に立たされた北川氏は、〜
ー全文を読むー

 -中小企業金融の円滑化に向けて-
 信用保証協会と初の懇談会を開催
                             

 

 去る7月25日、千葉県信用保証協会(以下、保証協会)と千葉同友会との初の懇談会が、保証協会会議室で行われました。
 中小企業金融にとって意義の大きい保証協会との懇談を通じて、中小企業の活性化と地域の振興に資するものにするために企画されたものです。
 初めに千葉同友会山本代表理事と保証協会の比企業務企画部部長がそれぞれ挨拶した後、〜

ー全文を読む(pdf)ー

 -鎌ヶ谷白井支部6月例会-
 ものづくりは人づくり
                             

 

 鎌ヶ谷白井支6月例会が、6月20日白井コミニュティセンターで行われました。
 報告者に兜l野製作所・代表取締役の浜野慶一氏(東京同友会副代表理事)を迎え、「『スピード・実行・継続』で物づくり・人づくりにチャレンジ」と題して報告いただきました。
 冒頭、「墨田区は、人口25万人。東京でまち工場といえば、大田区が有名ですが、もう1つのメッカが墨田区。工場数は東京23区内で2番目に多く、〜

ー全文を読む(pdf)ー

 2012年 第2回のモーニングセミナーを開催
                              -市川浦安支部-

 

 去る2月19日の日曜日、9時から12時迄、本八幡サイゼリヤ教育記念館に於いて 市川浦安支部2012年第2回のモーニングセミナーが開催されました。
 昨年と今年の市川浦安支部モーニングセミナーでは、通常例会とは趣を変え、 24年前の支部長として発表された、正垣泰彦氏(現 株式会社サイゼリヤ会長)の講演テープを聴きながら、 通常例会同様のチェーンストア理論の原理原則を体系的に学んでいます。

 2012年2回目の今回は〜

ー全文を読むー

 第18経営指針成文化セミナー
 経営指針の成文化から実践を
                              -経営指針委員会-

 

  20名の受講生を擁して9月から始まった18期目となる経営指針成文化セミナー。全7講中、1月14日(土)で5講が終了しました。
 同友会では、「経営理念」と「経営方針(ビジョン)」と「経営計画」の3つを総称して「経営指針」としています。経営理念は、経営者の事業に対しての想いや、社員や地域や取引先に対しての基本的姿勢がふんだんに盛り込まれていることが重要であり、経営指針の根幹を成すものであります。
 今期セミナーの特徴として、すでに経営理念、もしくは〜

ー全文を読むー

千葉県中小企業振興条例を活用し、地域の未来を切り拓こう
千葉県・中小企業表彰で会員企業3社が受賞 〜先進的な取り組みから学びを〜
第38回千葉県経営研究集会
今こそ、中小企業家が立ち上がるとき!
経営指針成文化セミナー19期を終えて 〜展望を切り開くために
仕事について、夢について学生と語り合おう!
大田先生を囲む共育懇談会
20周年特別企画に43名参加
中小企業振興を軸とした新たな産業振興戦略を!
自社の価値を問い直す
〜究極のマーケティング戦略
野田支部有志による宮城・南三陸町の復興ボランティア
福島の被災会員、現況を語る
はじまりは「もったいない」から
北総支部10月例会
千葉同友会 青年部設立
現場の声から見えた!自社商品の揺るぎないブランド
信用保証協会と懇談会開催
6月例会
ものづくりはひとづくり
鎌ヶ谷白井支部
2012年 第2回のモーニングセミナーを開催
市川浦安支部
第18経営指針成文化セミナー
経営指針の成文化から実践を
活動実績トップへ
2015年の活動
2014年の活動
2013年の活動
2011年の活動
2010年の活動
2009年の活動
2008年の活動
 
千葉県中小企業家同友会事務局
  〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2千葉中央駅前ビル7F
TEL 043-222-1031 FAX 043-222-8207
E-mail jimukyoku@chiba.doyu.jp