千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 

人を生かす経営推進本部(経営指針・共同求人・共育・障害者問題・同友会大学委員会)合同学習会
人を生かす経営って何よ
〜専門委員会で学び実践する4人に問う!〜
パネリスト(経営指針委員会)
日東商事(株)代表取締役 坂本 吉敬氏
事業
内容
クリーニング店、福祉施設への資材、機材
パネリスト(共育委員会)
(株)オーク・インテリジェンス 代表取締役 板谷 保氏
事業
内容
内外装工事屋外広告什器ディスプレイデザイン加工
パネリスト(共同求人委員会)
(株)新栄 代表取締役 林 卓也氏
事業
内容
OA機器、車、工業向け抜き加工・アッセンブリ―品の製造
パネリスト(同友会大学委員会)
(株)エヌ・アイ・エス 代表取締役 能都 昭博氏
事業
内容
新聞販売業(朝日新聞)・折込制作配布業務

コーディネーター(障害者問題委員会)
障害福祉サービス事業所ビック・ハート 理事長 森下正彦氏

事業
内容
知的障害者通所施設、障害者就業・生活支援センター計画相談

 去る7月28日、千葉県青少年女性会館にて人を生かす経営推進本部主催の学習会を35名の参加者で開催しました。メインは、「人を生かす経営って何よ〜専門委員会で学び実践する4人に問う!〜」をテーマとしたパネルディスカッション。
 4委員会(経営指針・共同求人・共育・同友会大学)に所属するメンバーに対して、障害者問題委員長の森下氏が歯に衣着せぬ物言いで質問するスタイルは好評でした。
 経営指針委員会に所属する坂本氏は、当時、会社の借金返済の焦りや社員との関係に悩み、経営指針成文化指針セミナーに飛び込みました。セミナーを受講する中で、改めて経営者と社員が同じ目的を共有することの重要性を知ります。現在では、社員とともに決算書や損益計算書を検証して戦略や計画に落とすなど社員を巻き込んだ会社経営に奮闘中。社員と個人面談を始めて1年半。やっと、社員が話してくれるようになり、経営者として社員の願いをなんとか叶えていきたいと思えるようになったと言います。
 共同求人委員会の林氏は、同友会に入り間もなく、新卒採用を始めるために共同求人委員会に所属しました。新卒採用を取り組んでから3年目、会社の変化と経営者自身の心情の変化について話しました。新卒一期生の4名が入社すると会社に新しい風が吹き込み、社長自ら社員教育や環境整備にも取り組むようになりました。右も左もわからないこの子達を責任をもって育てていくんだという決意とともに、これまでは社員が退職すると「こんなに育ててきたのに」と思っていたのが、「この子達に裏切られたら、会社が悪いんだ」と思えるようになったといいます。
 共育委員会に所属する板谷氏は、その人が持っている力を発揮しあえる会社作りに注力しています。「仲間と家族とともに幸せになります」を社内で掲げ、自分の家族も社員の家族もともに幸せになることを目指した経営をするために、社員への声がけや様子聴きは多少おせっかいと思われても行うそうです。これからは社員の子供のイベントへのお祝い制度や介護離職にならないような対策も検討していくことを宣言しました。
 同友会大学委員会に所属する能登氏は、人を生かす経営の「人」は、社員、お客さん、学校、子供達、地域、高齢者すべてに置き換えられると話しました。新聞販売店は、時代の流れに吹き飛ばされそうになることもありますが、技術革新に負けないように20代の社員を採用して、若い子が力を発揮できる働き方や環境づくりを考えています。
 パネルディスカッション後は「あなたの経営で誰が喜んでいますか?誰に役に立っていますか?」をテーマにグループ討論を行いました。
 最後に、森下コーディネーターは「社員が一番喜ぶのは、自分のことを社長が見てくれているということではないでしょうか。ギブ&テイクのテイクを求めるのではなく、ギブ&ギブの精神です。人を生かす経営の「人」は誰なのかをずっと考えていました。「自分」に変換して初めて腑に落ちました。自分の主張が言える、会社のビジョンを語れる、決算書が読める。社員を幸せにするためには、この3つは必須です。人間尊重の経営を目指す同友会です。声なき声を聴きとれる経営者になりましょう」と締めくくりました。

       
(事務局 高田)


ー活動報告・実績へもどるー

事務局
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2
         千葉中央駅前ビル7F

TEL 043-222-1031 
FAX 043-222-8207
≪時代を切り拓く!若手経営者に聞く≫
≪千葉同友会の足跡を探る≫
≪功労者をたずねて≫
≪我がまち探訪記≫
≪成長企業の実践に学ぶ!≫
sen
≪千葉同友会案内パンフレット≫