千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 

共同求人委員会レポート
松戸市で頑張る中小企業の魅力を 大学就職担当者26名に見学バスツアーでPR
去る6月23日、例年行われている千葉県大学就職指導会(千葉県内に住所を有する28大学の就職指導担当者の任意団体)・千葉同友会共同求人委員会共催、東京同友会共同求人委員会後援による会員企業見学バスツアー&情報交流会が開催されました。

 第1部は、大学就職担当者向けに松戸市内にある会員企業3社を巡る見学バスツアー。
 1社目は、千葉県・茨城県に8事業所を展開する機械工具・住宅設備の専門商社の都機工梶i長橋護社長・松戸支部)。若手社員と中堅社員3名が就職担当者より「なぜ都機工を選んだのか」などの質問を受け、一人ひとりが答える質疑応答スタイルの企画も。社風の良さに惹かれて入社するケースが多いことなどがPRされました。
 2社目は、松戸市で金属の切削加工を行う竃リ山製作所(木山智英社長・松戸支部)。高い技術力を持つ同社ですが、社員のほとんどは、元々文系の大学出身で、社内の教育力に驚く担当者も。大学時代は心理学部で学んでいた若手女性社員が「ものづくりが好きで現場が楽しい。ただ、今は大学で学んだ心理学が役立つと感じる部分は少ないですね」と話すと、木山社長は「今後は“ものづくり×心理学”など、勉強してきたことが生かせるような新しい仕事づくりが私の今後の仕事です」と宣言しました。
 3社目は、松戸市で自動機械設計製作、自社ブランド商品の開発・販売を行うスズキ機工梶i鈴木豊社長・市川浦安支部)。バブル崩壊後のどん底を経験したものの、事業戦略でV字回復。16名の少数精鋭組織が徹底的に顧客の声に耳を傾け、自社ブランド商品の立ち上げを行う等、奮闘姿に感動する担当者も多くいました。 参加した担当者は「学生に勧めたいと思った」「県内にこんなに魅力的な企業があることを知らなかった」等の声が挙がりました。今回の見学バスツアー大成功のカギは、見学先の社長はじめ多くの社員さんの協力と共同求人委員会が一丸となって取り組んだことでした。
 第2部はさんかい亭(渡辺雅基会長・市川浦安支部)にて、企業59名(内8名は東京同友会)が合流し、就職指導会26名の85名による情報交流会が盛大に行なわれました。
 今回の企画を通して、直接学生に就職指導をする担当者に向けて、若者がいきいきと活躍できる地元中小企業が多数存在することをPRしました。 

(事務局 高田)


ー活動報告・実績へもどるー

事務局
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2
         千葉中央駅前ビル7F

TEL 043-222-1031 
FAX 043-222-8207
≪時代を切り拓く!若手経営者に聞く≫
≪千葉同友会の足跡を探る≫
≪功労者をたずねて≫
≪我がまち探訪記≫
≪成長企業の実践に学ぶ!≫
sen
≪千葉同友会案内パンフレット≫