千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 

第1回例会づくり交流会開催
経営課題をベースにした支部例会で経営力向上につなげよう!

 例会企画部会主催の第1回例会づくり交流会が12月2日、1月30日に行われ、19支部より例会委員長など36名が参加しました。
 この交流会は、支部例会が同友会の魅力の1つとなっていますが、この間新しい支部、例会担当役員が増える中で、例会づくりへの悩みや課題が聞かれるようになり、各支部の取り組みをざっくばらんに交流し、「同友会らしい」例会について確認することで、今後の例会活性化につなげていきたいと開催されました。
 交流会では、「例会づくりを通して同友会活動を実践し、会員の満足度を向上させる」をテーマに例会企画部会の小林透氏(さとわ社会保険労務士事務所・千葉東支部)が問題提起を行いました。
 冒頭、「例会の質を高めることで、会員の経営力も向上につながります。会員が学びの実感を得て満足度を向上していくことが、退会防止や会員増強にもつながると思います」と報告しました。

会員の経営課題解決が例会の役割
 「同友会らしい例会とは」という問いに対して、「会員の経営課題を解決できる内容であること」と話し、@報告者にとって自らの課題に向き合うことで解決する、A役員にとって例会づくりの中で客観的問題の把握による経営課題解決力の強化、B参加者にとって共通の課題から解決への気づきを得る、潜在的課題を発見する、C事務局にとって事例の共有による全県への波及と外部発信という立場に応じた例会のあり方を説明し、「すべての人が学んで実践することが大切」と話しました。

テーマ設定先行の例会づくり
 また、「同友会の報告型例会づくりを進める上で、報告者ありきではなく、先にテーマを設定し進めていくことが大切」と話し、@テーマ設定(会員の多くが抱えている課題を選定、役員会の中で支部方針に合った課題を選定)、A報告者選定(テーマに沿った経営課題に向き合っている経営者を選定、テーマについて向き合ってほしい経営者を選定)、B報告内容の充実(テーマに沿った実践内容をプロセスレベルから報告する、テーマをわかりやすく伝えるための具体的内容の精査)と、例会づくりの流れを説明しました。
 テーマ設定をする上で重要なこととして、@役員会等での支部会員の情報収集、A役員間の情報共有と議論、B会の内外を問わないネットワーク活用、C役員各自の強い課題意識を挙げ、その上で、@支部のテーマとあっているか、A経営課題解決になっているか、B課題の本質が理解できているかを注意点として紹介しました。
 最後に、「報告者との事前打ち合わせにおいて、『何』を落とさずに報告してもらうかが、重要。『何』=『テーマ』であると考えます」とテーマ先行型例会づくりの重要性を報告しました。

経営課題を出し合う役員会
 その後のグループ討論では、「例会をレベルアップするには、テーマを決める役員のレベルアップが必要」「経営課題を出し合うなど、役員会の充実を図りたい」といった前向きな感想が出されました。
 例会企画部会では、次回3月14日に例会打ち合わせの進め方等をテーマに第2回交流会を予定しています。

(専務局長 逸見)


ー活動報告・実績へもどるー

事務局
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2
         千葉中央駅前ビル7F

TEL 043-222-1031 
FAX 043-222-8207
≪時代を切り拓く!若手経営者に聞く≫
≪千葉同友会の足跡を探る≫
≪功労者をたずねて≫
≪我がまち探訪記≫
≪成長企業の実践に学ぶ!≫
sen
≪千葉同友会案内パンフレット≫