千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 

経営指針成文化セミナー第24期が4月よりスタート
 〜企業の社会的役割を明確にし、「人が生きる経営」の実践を〜

 千葉同友会では「経営指針成文化セミナー」(以下、セミナーに省略)という名称で、全8講座を年に1回開催しています。セミナーという名称ですが、一般的に講師が登壇し、それを聴いて学ぶというものではなく、先にセミナーを修了した同友会会員が実践報告を行い、グループ討論で受講生の課題を掘り下げ、経営指針を成文化(明文化)していきます。教え込むというスタイルではなく、受講生が自ら気づくことを大事しており、受講生一人ひとりに寄り添った手づくりのセミナーです。
 名称や講座数は様々ですが、各地同友会でも同様の内容のセミナーが開かれており、同友会では経営指針を確立し、社員からの理解を得て共有し、実践していくことを運動として行っています。
 千葉では1997年にセミナーを開始し、昨年、23期を終えました。当初は「経営指針の成文化」を目的にしていましたが、ここ数年では経営指針の「実践」をめざした取り組みを進めています。全国でも同様に進められており、同友会の全国組織である中同協では、これまで発行していた「経営指針作成の手引き」を改訂し、「経営指針成文化と実践の手引き」と名称を改め、内容を刷新したものが昨年末に発行されました。改訂にあたり、各地同友会の経営指針づくりに携わる会員が集まり、意見を交流し合いながら作られました。

企業の社会的役割と社員のやりがい
 千葉での実践にむけた取り組みの一つは、「会社の固有の役割」の明確化です。これは、経営理念を確立するための問いかけの一つであり、これを明確にすることで事業展開(経営方針)の糸口を見つけます。
 新たに「固有の役割」を生み出すのではなく、これまで行ってきた事業の根本を探ります。セミナーでは「固有の役割検討シート」を活用して、「あなたの会社の業種、商品、サービスがなくなったら、誰がどのように困りますか」「会社がなくなったら、属する業界はどのように困りますか」などの質問を投げかけ、自社の事業を顧客の立場から見つめなおします。
 固有の役割、すなわち企業の社会的役割を明確にすることで、『人を生かす経営〜労使関係の見解』(中同協発行)で触れられている「労働者の職場選択の最大の要素である“労働者のやりがいある仕事”」を明確にすることができます。これは、ここ数年の大学新卒者が就職活動で重点を置く点であり、人材不足が深刻化する情勢において、企業側としても重要な点です。
 同友会では新卒者採用にむけた共同求人活動を行っていますが、そこでも重要な課題として採り上げられています。

「人を生かす経営」の総合実践
 実践にむけた取り組みの二つ目は、「人を生かす経営」の総合実践に取り組んでいることです。
 同友会では、「人を生かす経営」を進めるために、経営指針、共育、共同求人、障害者問題、同友会大学の各専門委員会に分かれて活動を行っています。セミナーの最終講では、「経営指針の実践」をテーマに各専門委員会の役員によるパネルディスカッションや活動紹介を行い、経営指針の総合実践を目指しています。また、共育委員会が毎年行っている幹部社員研修では、セミナー修了生が「経営者の想い」を報告しています。
 そして、今年は共同求人委員会が共育委員会に関わり、新入社員研修に参加した社員の半年後のフォーロアップを目的とした研修を開催しました。

次期セミナー開講にむけて
 次期セミナーは今年4月後半から開講を予定しています。それに先駆けて、県内各地で「経営指針セミナー説明会」を開催しています。説明会では前期セミナーを修了したばかりの方が、実体験をもとにした報告を行っています。後半ではグループ交流が行い、率直な疑問に対してセミナー運営委員が答えています。

事務局次長 牧本


ー活動報告・実績へもどるー

事務局
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2
         千葉中央駅前ビル7F

TEL 043-222-1031 
FAX 043-222-8207
≪時代を切り拓く!若手経営者に聞く≫
≪千葉同友会の足跡を探る≫
≪功労者をたずねて≫
≪我がまち探訪記≫
≪成長企業の実践に学ぶ!≫
sen
≪千葉同友会案内パンフレット≫