千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 

青年部入会式・システム経営例会
“つよい”経営者になるために

青年部入会式
 10月8日、京成ホテルミラマーレにて、青年部入会式が開催されました。5年前の設立総会から、青年部は本格的に活動を始め、後継者例会とシステム経営例会の2本の柱で活動しています。最近ではその活動が全国からも注目を集めはじめ、興味を持つ人も増えてきました。そこで、青年経営者として団結し、青年部が更に邁進するため、青年部入会式が開かれました。
 青年部への入会意志を示した会員は70名を超え、当日は33名が参加しました。
 第一部では、青年部部長である柏原英輝氏(鰍aRAST代表取締役/千葉西支部)が、青年部の活動の意義と目的について報告されました。「未来の日本では、今の青年経営者が社会を担うこと、そのためには経営者自身が成長し、会社を強くしなくてはいけない」と、熱く語られました。
 第二部では、参加者に青年部会員の証明書が贈られました。証明書には、青年部の目的として、同友会の三つの目的の先頭に「つ」とを付けた、「つよい会社をつくる」「つよい経営者になる」「つよい経営環境をつくる」が掲げられています。
 第三部の祝賀パーティでは、青年経営者同士で経営について語り合い、大いに盛り上がりました。
青年部システム経営例会
 入会式の翌週の10月14日には、システム経営例会がスタートしました。報告は、システム経営委員会の山村潤一氏(泣}リブエンタープロジェクト代表取締役/千葉東支部)が担当し、システム経営の意義について話されました。この例会は、社長が会社に居なくても回る組織作りを、6回かけて勉強する例会です。この組織作りは、単に社長に時間ができるだけではなく、不測の事態への対応や、社員の自発性の向上、組織の拡大など様々な効果が得られます。会社の業務の中核を社長しかできないと、広げられる仕事量に限りがある上、社長がいないと何もできない組織になってしまいます。また、それは取引先にとっても大きなリスクになります。
 プレイングマネージャーの多い青年経営者にとって、システム経営を取り入れ、強い組織を作っていくことに期待が寄せられます。


ー活動報告・実績へもどるー

事務局
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2
         千葉中央駅前ビル7F

TEL 043-222-1031 
FAX 043-222-8207
≪時代を切り拓く!若手経営者に聞く≫
≪千葉同友会の足跡を探る≫
≪功労者をたずねて≫
≪我がまち探訪記≫
≪成長企業の実践に学ぶ!≫
sen
≪千葉同友会案内パンフレット≫