千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 

人を生かす経営を大いに学び総合実践を進めよう
〜中同協4委員会合同研修・委員会開催〜

 1月29日・30日にわたって、第3回中同協4委員会合同研修・委員会がヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス(東京)で行われ、全国より184名(千葉より8名)が参加しました。
 今年で3回目を迎える合同研修は中同協の経営労働、社員教育、共同求人、障害者問題の4つの委員会を合同で開催することで、核委員会が積み重ねてきた教訓と成果をお互いの委員会で確認・共有し、全国的な「人を生かす経営」(労使見解の総合実践)の推進をめざし開催されました。
 1日目は全体会。まず実践報告として2名の報告がされました。阿部和人・山形同友会社員教育委員長は、「知識吸収型から課題解決型研修に転換し、抱えている問題の原因が明確になり、解決策を検討でき、解決の一助になっている」と報告、佐藤貞一・大分同友会代表理事は、「委員長会議で各活動がつながっていることを確認し、お互いの理解が広がることで相互の連携も広がっている。4委員の水平展開をはかっている」と取り組みを紹介しました。
 続いて、宮ア由至・人を生かす経営推進協議会代表が「『人を生かす経営』を運動として進めるために」と題して問題提起を行い、実践が進まない原因の1つとして、同友会役員が経営を語れているかと指摘、「役員自身が4委員会の活動を自社で実践し、会社が良くなったというように成果を挙げていかなければいけない。理屈ではなく、どうしたら実践できるかを学ぶのが同友会。同友会の活動を大いに自社に活用していこう」と報告しました。
 報告、問題提起を受けたグループ討論は、「人を生かす経営の総合実践を進めよう」をテーマに、各同友会、各企業での実践と課題が率直に語られました。
 最後に、4委員会より行動提起がされ、役員自らが人を生かす経営を実践し、運動の推進者になっていくことを確認し合いました。
 懇親会では、各委員会メンバーより活動の紹介が行われた後、今年11月17日・18日に千葉で行われる「第5回人を生かす経営全国交流会」のPRを板谷保実行委員長が行い、「この交流会まで、全国で人を生かす経営の実践を広げていきましょう」と呼びかけて閉会しました。
 2日目は、各委員会に分かれての会議が行われ、前日の学びを受けて、今後の委員会での取り組みが話し合われました。


ー活動報告・実績へもどるー

事務局
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2
         千葉中央駅前ビル7F

TEL 043-222-1031 
FAX 043-222-8207
≪時代を切り拓く!若手経営者に聞く≫
≪千葉同友会の足跡を探る≫
≪功労者をたずねて≫
≪我がまち探訪記≫
≪千葉同友会案内パンフレット≫