千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
   同友会の学びを自社経営に生かそう

                   2013年度支部総会特集

具体的な目標を掲げて  −千葉東支部第19回定時総会−

 4月23日、千葉東支部の第19回定時総会が「レストランほてい家」にて開催されました。
 創業者向けの起業体験報告やスマートフォンセミナーなど、斬新な企画の例会やイベントを数多く行ってきた第18期。千葉西支部や昨年度発足した青年部会とも手を組みながら、活動の幅を広げてきました。
 明確な目標を掲げスタートした総会は、新しいメンバーも多く参加し、ベテランのメンバーと顔を合わせながら、大いに盛り上がりました。
〈支部三役〉
支部長  小林 透 (さとわ社会保険労務士事務所)
幹事長  松本 和宏(赤福金属梶j
副支部長 山村 潤一(泣}リブエンタープロジェクト)


全てはよい会社をつくるために! −千葉西支部第19回定時総会−

 千葉西支部の第19回定時総会が4月17日にきぼーる(二次会は近隣飲食店)にて行われました。
 新年度は支部三役をはじめとする大幅な組織変革があり、受け継がれてきた伝統と、新たな風を吹き込む革新の両方を追求するために、会当日まで新旧のメンバーが何度も話し合いを行ってきました。
 それぞれの部会から方針と意気込みが語られ、総会の後の懇親会でも、参加したメンバー同士が思いを新たに熱く語りあう時間となりました。
〈支部三役〉
支部長  板谷 保(褐ワ常)
幹事長  木俣 博光(渇i光自動車工業)
副支部長 武田 峰子(リトルハウス梶j


大きな夢の実現にむけて  −四街道支部第7回定時総会−

 4月16日、四街道支部第7回定時総会が四街道市文化センターと永華楼飯店にて17名の参加者で執り行われました。
 第1部の総会では、活動方針が発表されました。昨年度に引き続き、例会の充実と経営指針成文化セミナーへの参加促進を図るとともに、地域と結びついた活動が打ち出されました。第2部の交流会には佐渡四街道市長が参加され、地域の実態と活性化に向けた施策説明がありました。
支部三役
支部長  木秀夫(八街ガス)
副支部長 今田美津男 (イマダカードック)
幹事長  長谷川豊 (潟vロジェクト・エム)


具体的な目標を掲げて  −市原支部第32回定時総会−

 第32回となる市原支部の総会が4月15日「島寿司」にて行われました。
 市原支部では例会前のサブ例会を継続して行っており、それが市原支部らしい例会のスタイルになっています。
 昨年度10名の新会員を迎えた市原支部。その他にも、ベテラン会員の方の後継者も参加するなど、内外で活性化が起こっています。
 新年度はホームページの開設などによって、さらにひとり一人の支部会員と寄り添いながら、「知りあい・学びあい・励ましあい」をしていこうと、想いを新たに盛り上がりました。
〈支部三役〉
支部長  北川 貴基(許k川鶏園)
幹事長  横山 和樹 ((資)シーアイエー保険事務所 )
副支部長 小泉 新(椛蜻P商店)
副支部長 地引 克夫(潟Wビショウ)
副支部長 原 藤一(鞄兼本企画)


夢を持ち、語り合おう!  −かずさ支部第18回定時総会−

 4月22日、かずさ支部定時総会がホテル銀河(木更津市)にて23名の参加者で開催されました。
 活動方針スローガン「同友会活動を通して気づき学び合い、そして夢を持ち語り合い、共によい経営者となろう。」が発表されました。
 当支部では、毎月の例会で支部会員による経営体験報告を大事にしています。また、お互いの経営実践や課題を赤裸々に出し合い、どう克服し、将来を描き出すのかを話しあっています。今年度もこの仕組みと雰囲気を大事にして更なる支部活動の飛躍を目指します。
支部三役
支部長  梅原正一(轄リの花エッグ)
副支部長 大沢広久(鰍ウわや)
副支部長 苅込昌俊(深山園)
副支部長 熊本秀樹(らいふさぽーとさーびす)
副支部長 常陸英雄(潟gーヨー施工サービス)
幹事長  藤野健次郎(藤野トーヨー住器梶j


我々の手で景気を変えよう  −成田支部第27回定時総会−

 4月26日に成田ビューホテル(成田市)にて、成田支部総会が参加者17名で行われました。
 第1部の総会では、新支部長の赤海氏より「同友会の三つの目的『よい会社、経営者、経営環境』を基に、お互い切磋琢磨して『21世紀型企業』を目指そう」との呼びかけがありました。
 第2部の記念講演では、明海大学経済学部の宮ア礼二准教授より「今更聞けないTPP。中小企業への影響とは!?〜世界を知れば自社の明日が見えてくる!」と題して、「TPPの本質」と「米国の狙い」について講演いただきました。
支部三役
支部長  赤海章義(鰍かうみ)
副支部長 赤海秀治(潟Wャパンサポート)
副支部長 小椋一依(鞄章建設)
副支部長 菊地貴(稲垣興業梶j
幹事長  原幸司(潟tィールド)


今こそ我々中小企業が主役!  −北総支部第2回定時総会−

 4月23日にホテルマークワンン(印西市)にて、北総支部総会が総勢41名で執り行われました。
 第1部の総会では、昨年度の方針スローガン「同友会型企業づくりに挑戦し、自社を元気にし、地域を活性化しよう!」に基づき活動、また、多くの仲間を結集していくことを確認しました。
 第2部の記念講演では、神奈川同友会会員の鞄注イ和の湯澤剛社長に体験報告いただきました。
 先代の父親の逝去で引き継いだ多額の借金を抱えた飲食店を、モデル(模範)店づくりで着実に立て直しを進めている話がありました。
支部三役
支部長  海老原勝治(栄産業梶j
副支部長 橋本哲夫(轄設計)
幹事長  平石光則 (潟qラコウ平石興業)


共に学びあいより良い企業を目指そう  −八街支部第2回定時総会−

 4月22日、八街支部第2回定時総会が八街商工会議所にて20名の参加で開催されました。
 総会では竹村支部長より支部スローガン「ステークホルダーの幸せをめざす」が提案されました。
 記念講演は、叶z訪商店・諏訪寿一社長(市原支部)より「千葉を売る“房の駅”!〜社員がイキイキと“活気”あふれる企業文化を」と題し熱い講演をいただきました。
 懇親会では熱い雰囲気を感じ、地元青年経営者の入会宣言もあり熱気のこもった支部総会となりました。
〈支部三役〉
支部長  竹村 信彦(竹村電気工事)
副支部長 大塩将司(叶X興業)
副支部長 並木政樹(エコファームマサキ)
幹事長  林利長(潟tォレストホーム)


学びを実行し良い会社づくりを  −船橋支部第37回定時総会−

 4月16日、船橋支部第37回定時総会がフローラ西船にて70名の参加で開催されました。
 総会では櫻井支部長よりスローガンとして「基本的な学びを忠実に実行し、会員企業が地域一番店を目指す!」の発表、創立40周年に向けて中期ビジョンが発表されました。
 記念講演は、鞄本都市・大原俊弘社長より経営に、活動に全力し、どう同友会活動頑張り会社を広げていったのか。同友会活動はボランティアではなく、会社のための仕事、同友会を頑張れば会社も広がっていくと熱い報告をいただき、熱気のこもった支部総会となりました。
〈支部三役〉
支部長  櫻井陽子(サンコーポレーション企画)
副支部長 鈴木宏治(拒垂フ実工房すずき印刷)
幹事長  大原俊弘(鞄本都市)


習志野地区として新たな一歩を  −習志野支部第19回定時総会−

 習志野支部第19回定時総会が4月1日に開催され、9名が参加しました。
 活動報告では高橋支部長より、今年度の例会テーマ『少人数企業による学びあい』に沿い学びあったことが報告されました。
 今回の総会では、1995年の支部設立より、厳しい経営環境を生き抜く企業づくりをテーマなどに例会を行ってきた支部運営について協議をし、兄弟支部の船橋支部・習志野地区会として活動をしていく方向性でまとまり、地元経営者が30名程度まで増え、再構築できるまで共に活動をしていくことで確認しました。
 懇親会では、県役員、他支部の方々も参加し、これからの一歩を踏み出すための展望を語り合い決意を固めました。


人を活かせる経営者になろう  −八千代支部第32回定時総会−

 4月26日、パッソノヴィータにて八千代支部第31回定時総会が45名の参加で開催されました。当日は豊田市長をはじめ多くの来賓の方にお越しいただきました。
 総会では飯野新支部長よりスローガン『人を活かせる経営者になろう』、「年間例会テーマ「イカす経営者から学ぶ」が提案されました。記念講演では『夢をあきらめない』と題し、三谷大和スポーツジムの三谷大和氏に講演いただきました。
 講演の後は、和気あいあいとした雰囲気で懇親会が行われ盛大な総会が終了しました。
〈支部三役〉
支部長  飯野孝宏(泣Cイノエンジニアリング)
副支部長 松沼進(汲モれあい総合企画)
副支部長 市川憲(鰍j・I・ステップ)
副支部長 大木基次(チームロハス)
副支部長 幹事長 池部資彦(Oficem)


社会に貢献できる企業づくりを  −市川浦安支部第35回定時総会−

 市川浦安支部第35回定時総会・講演が4月18日市川市文化会館で開催され、計100名が参加しました。
 27期目を迎えた「ただひとつシリーズ」年間テーマは「原点回帰の時代に会社が成長・発展する方法はただひとつ」と題し基本方針が発表されました。支部例会をより充実し、支部ロマンを共有し、社会貢献できる企業を目指そうと目標と掲げました。
 記念講演は潟Tイゼリヤの正垣泰彦会長の講演が行われました。
 懇親会では、潟Tイゼリヤの正垣会長にも参加いただき、共に企業経営のことを語り合い交流を深め合いました。
〈支部三役〉
支部長  大山達雄(椛蜴R機械工業所)
副支部長 渡辺雅基(潟~ックフーズ)
副支部長 関弘(潟gコトコ) 幹事長  矢作光啓(渠忠ヘ高原農場)


より良い地域と自社をめざして  −佐倉支部第2回定時総会−

 4月19日、ウィシュトンホテルユーカリ(佐倉市)にて、設立後初めての佐倉支部総会が執り行われました。
 佐倉支部では、毎月の例会で専用シートを活用して、会員同士がお互いの人となりや事業内容を知り、理解を深め、連携を図ってきました。
 新年度は、これまでの活動に加え、地域との結びつきを意識して、広い視野で自社をどうしていくか、地域活性化にむけてどう関わっていくかを模索していきます
支部三役
支部長  北村徹(?翔陽学園 成田航空ビジネス専門学校)
副支部長 大島裕人(九ト永 委任型代理店)
幹事長  森田敬介(森田建築設計事務所)


歴代支部長に学ぶ  −鎌ケ谷白井支部第20回定時総会−

 鎌ケ谷白井支部第20回定時総会が4月24日に鎌ケ谷市総合福祉保健センターで行われ、清水・鎌ケ谷市長、宇井・白井副市長にもご出席いただき、総勢28名が参加して行われました。
 第一部の総会では、@すべての会員企業の声を反映して、同友会歴や経営経験・業種・規模等に関わらず、すべての会員企業の役に立つ支部づくりを目指そう。A地域企業と地域住民と行政との地域のネットワークを広げ、地域の特性を活かして、共に豊かな地域社会を作ろう。B自治体の中小企業振興政策を生かそうという活動方針を採択した後、新支部長に佐藤信嗣氏を選出しました。
 第2部の記念シンポジウムは、講演は、「歴代支部長が語る支部の20年」と題して佐藤支部長の進行で、歴代5名の支部長経験者より、当時の支部活動を振り返りながら自社にどう生かしているかわかりやすくお話しいただきました。  支部設立から20年という節目の年を迎え、年度内に記念例会も予定されています。
〈支部三役〉
支部長  佐藤信嗣(みのり商会)
副支部長 萩原 收(萩原経営労務コンサルティングオフィス)
副支部長 徳永昌子(鎌ヶ谷観光バス求j
幹事長  田上 剛(アート&デザイン タッグ)


街づくりと企業づくりは不離一体!  −松戸支部第32回定時総会−

 4月19日、松戸支部第32回定時総会がテクノ21にて、31名の参加で開催されました。
 総会では、支部長に中村寧氏を再任し、@何のための同友会活動かを基に、学び合いの場を作ろう。Aお互いの成長を求め人間力を磨くために集おう。B同友会活動と自社の経営を結び付けよう。Cそして、よい会社をつくろう、よい経営者になろう、よい経営環境をつくろう、という方針が提案され、満場の拍手で採択されました。
 第2部の記念講演は「私達中小企業の発展は、この街が必要としていることから〜人口減少による市場縮小の時、変化の先取りを目指して」と題して、千葉大学法経学部准教授の関谷昇氏より、これからの街づくり、企業づくりの取り組みを学びました。
〈支部三役〉
支部長  中村 寧(椛蛹)
幹事長  木下忠道(挙建住器)
副幹事長 市岡愼太郎(潟Gスワイ・ロジステックス)


新体制のもと、夢をテーマに支部づくり!−東葛支部第34回定時総会−

 4月22日、東葛支部第34回定時総会が流山市生涯学習センターにて行われ、16名が参加しました。
 第1部の総会では、支部スローガン「夢」、@夢をテーマにわくわくする例会つくり。A支部内会員企業を中心に例会の案内や活動報告を行い外部発信も行います。B支部内会員同士の関係づくりという活動方針を採択した後、坂本吉敬氏が新支部長に選出されました。
 第2部の流山支部設立準備会との合同例会では、東葛支部副支部長の皆川悦子氏が「社長、ボーナス出るんですか!〜社員と共に歩む、七転び八起き」と題して報告。会社を引き継ぎ、苦労しながらも社員と共に奮闘してきた様子が語られ、同友会の学びを自社にどう生かすかのヒントをいただきました。
〈支部三役〉
支部長  坂本吉敬(日東商事梶j
副支部長 田中敏文(級チ賀計算センター)
副支部長 皆川悦子(昭和プラスチック梶j
幹事長  大畑康一郎(カンズ)


同友会に結集し、変化を先取り会社に生かそう!
    −野田支部第9回定時総会−

 野田支部第9回定時総会が4月18日にとみやで行われ、根本崇野田市長をはじめ、他団体・金融機関からの出席者9名を含め37名が参加しました。
 第1部の総会では、2012年度の活動報告・会計報告の後、役員選出を行い、菅野英源支部長等の新役員を選出しました。その後、「変化(へんげ) 〜変化を先取りし、今ある環境に対応していたら間に合わない。妖怪変化と言われる会社になろう!」という2013年度基本方針・活動方針を採択しました。
 第2部の懇親会は、引き続き来賓の皆様にご参加いただき、和やかな雰囲気の中、情報交換が図られました。
〈支部三役
支部長  菅野英源(菅野養鶏場)
副支部長 細谷智之 (細谷智之会計事務所)
幹事長  松田一久(松田紙業求j


設立からを振り返り、新たな一歩を踏み出す!
    −手賀沼支部第6回定時総会−

 手賀沼支部第6回定時総会が、4月16日にホテルマークワンアビコで行われ、20名が参加しました。
 第1部総会では、新支部長に伊藤悦子氏を選出し、「@会員同士の交流〜 互いの理解を深める活動を通して、ネットワーク作りをサポートする。A例会プラス勉強会〜例会を通して、コミュニケーション能力を磨く。そのほか、ミニ勉強会を開き、経営に必要な基礎知識を学ぶ。B地域への参加活動〜祭りや手賀沼マラソンなどの地域活動への体験を通して、地域と企業の繋がりを学ぶ」とする活動方針を採択しました。
 第2部の懇親会では、設立からの5年間支部長を務めていただいた千葉博志氏に感謝状が贈られ、設立からを振り返りながら、新体制のもとで新たな一歩を踏み出す機会となりました。 
〈支部三役〉
支部長  伊藤悦子(伊藤社会保険労務士事務所)
副支部長 田中敬子(級チ賀計算センター)
副支部長 山本 誠(社会保険労務士・行政書士山本事務所)
副支部長 土田定夫(許津工業)
幹事長  熊田雅弘(大和電機梶j


ー活動報告・実績へもどるー

事務局
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2
         千葉中央駅前ビル7F

TEL 043-222-1031 
FAX 043-222-8207
≪論語に学ぶ≫
≪時代を切り拓く!若手経営者に聞く≫
≪千葉同友会の足跡を探る≫
≪千葉同友会案内パンフレット≫
≪我がまち探訪記≫