千葉県
商工労働部
千葉県産業情報
ヘッドライン
中同協 e.doyu 会員検索 JOBWAY
 
 
  経営の源を知る。それが同友会。
  同友会は中小企業経営者の力になります。
   
  同友会は汲めども尽きない無限の知恵袋
異業種の経営者の生きた体験・知恵が凝縮されています。
あなたの悩みを解決すめためのヒントが、きっと得られるはずです。
   
 
このようなことはありませんか?
 
   
 
 
  社員を育てたい
 
 各種の社員研修や教育講演会を開催したり、地域ごとの支部例会で「社員教育」の実践例を学びあったりしています。優秀な人材を採用するための共同求人活動も実施しています。
 同友会の社員教育は、経営者と社員が共に育ち合う"共育"の精神で行われ、一社ではできない視野の広がりと豊な刺激、自己啓発の契機を与えることができると好評です。新入社員研修、パート社員研修、幹部社員研修などの対象別の研修会や、経営者のための共育講演会を開催したり、社内研修についての相談や講師派遣も行っています。
 また、新卒者を対象にした共同求人活動は今年で19年目。学校にもすっかり定着し、ガイドブックの発行、学校訪問、就職セミナーや合同企業説明会の開催などを行っています。さらに単なる採用のみにとどまらず、活動を通して企業体質を革新することも重視し、企業づくりセミナー等も行なっています。
 
 
 
  会社の目標が定まらない
 
 経営理念や経営戦略・経営計画を作成するための経営指針成文化セミナーを開催。経営指針を成文化した方は、会社の目標が明確になり、社員のやる気も高まったと好評です。
  同友会では「経営理念」、「経営戦略(方針)」、「経営計画」の三つを総称して「経営指針」と呼んでいます。かつてない激動の時代を迎えている今日、この環境変化を正確に分析し、自社の強みを伸ばして、全社員の英知を結集した経営をするためには、経営指針の確立と実践が何よりも大切です。同友会では経営指針成文化セミナーの開催、支部例会等での実践報告、経営指針の相互チェックなど、会員同士の切磋琢磨の中でこれを確立、実践していく運動を進めています。
 
 
 
  一人で悩んでいて相談相手がいない
 
 支部例会などでは、ザックバランに本音で話し合うことをモットーとしています。参加する中で何でも相談できる仲間が必ずつくれます。
  現在、地域ごとに設けられた12の支部で、原則として月に1回、支部例会が開かれています。会員の生々しい経営体験の報告とグループ討論を中心に、真剣で率直な学びあいを行っています。
  ある会員経営者は次のように語っています。「同友会に入ったことで我が社は救われました。支部の勉強会は、仲間の発表を聞くだけでなく、グループ討論をすることにより他社のこともわかります。また、仲間が我が社のことを自分の事のように真剣にアドバイスしてくれます。飾られた数字でなく、本当の事を話し合えるよき先輩であり、よき仲間です。経営者は社内では孤独です。同友会の例会に出席するとフッと緊張がゆるみます。悩みを口に出せるからだと思います。」
 
 
 
  ネットワークを広げたい
 
 経営研究集会など全県的な活動も盛んに行っています。また44都道府県で構成する全国協議会で、全国的な活動も活発に開催するなど、全県・全国のホットなネットワークがあります。
 経営研究集会は、毎年1回、千葉県同友会の最大の行事として開催しています。大学の研究者や全国の優れた経営者による講演、県内の経営者を中心に実践に学ぶ分科会などを設定し、中小企業の今後の活路を学び合っています。
 経営研究集会の他にも各専門委員会でテーマごとの研究会等を行っています。また県内12支部で毎月例会を開催しており、原則として会員の方は、どの例会にも参加することができます。
(会員以外の中小企業経営者の方の体験参加も可能です。お気軽に事務局までお問い合わせ下さい。)
 
 
 
  もっともっと会社を良くしたい
 
 同友会はまさに「会社を良くするための道場」です。同友会で学んで会社が良くなったと言う方がたくさんいます。ぜひ積極的にご参加・ご活用下さい。
 同友会はどう中小企業の経営に役立つのか。経営者の生の声を掲載しています。
 「会員の声」のページをぜひご覧ください。
 
事務局
〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-22-2
         千葉中央駅前ビル7F
TEL 043-222-1031 
FAX 043-222-8207
≪時代を切り拓く!若手経営者に聞く≫
≪千葉同友会の足跡を探る≫
≪功労者をたずねて≫
≪我がまち探訪記≫
≪千葉同友会案内パンフレット≫